アクセス

About

Posts by :

年誌12号刊行しました

2017.03.21

2017年3月、年誌12号を刊行いたしました。


文学館の所蔵資料紹介の機会を増やすため、「日本近代文学館年誌―資料探索」という紀要を年に一冊刊行しております。
文学者の書下ろしエッセイ、館蔵資料を用いた論考、未発表資料の翻刻と解説を収録。お申し込みは文学館まで(一般1020円/会員860円)。
バックナンバーもあります。「文学館年誌―資料探索」ページ

館報276号刊行しました

2017.03.15

2017年3月15日、館報第276号を刊行しました。目次より…

 【随想】 安岡章太郎展の一隅……酒井忠康氏

 【蔵書の中から】 サイン本……角田光代氏

 【春の企画展「新資料から見る谷崎潤一郎」】
   谷崎潤一郎展について……紅野謙介氏

   この一点 松の木影……千葉俊二氏

 【3.11文学館からのメッセージ展】 この頃思うこと……伊藤悠子氏

 【文庫・記念館】 放浪の俳人追憶 井上井月顕彰会について……北村皆雄氏

 【資料でたどる開館までの歳月】 1967年4月13日、日本近代文学館開館―。  

 【未発表資料紹介】 佐佐木信綱宛書簡(差出人は金子薫園、狩野亨吉、上司小剣、川合玉堂)

1部100円。年間購読(年6回発行ごとにお届け、送料込1100円)も随時受付中です。お申込みお電話03-3468-4181

バックナンバー販売中です。当サイト内の総目次もご利用ください。(館報「日本近代文学館」総目次

2017年度「資料は語る」情報更新

2017.03.11

講座「資料は語る」の2017年度概要を公開いたしました。
新年度のテーマは「作家からの手紙」です。
前期:4月15日・5月20日・6月10日
後期:9月16日・10月21日・11月18日
詳しくはこちら

3月1日(水)早朝サーバ停止のお知らせ

2017.02.24

3月1日(水)、ホームページサイトのサーバメンテナンスのため、一時的に当館のホームページへのアクセスができなくなります。

  作業実施日:2017年3月1日(水)

  作業時刻:AM4:00〜AM5:00


 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

豊島与志雄著書登録

2017.01.11

小説家・翻訳家の豊島与志雄(1890-1955)の著書など126冊を登録しました。

主な著書として、
『或る男の手記 : 外二篇』(新潮社、大正13年9月)、
『長彦と丸彦 : ローマ字童話』(國立書院、昭和22年4月)、
『野の小鳥』(桜井書店、昭和24年12月)など。

詳細はこちらをご覧ください。

竹内道之助著訳書登録

2017.01.11

三笠書房創立者で翻訳家としても知られる竹内道之助(1902-1981)の著訳書など25冊を登録しました。

主な訳書として、
アンドレ・ジイド『ドストイエフスキイ研究』(三笠書房、昭和8年9月)、
アンドレ・ジッド『狭き門』(成瀬書房、昭和51年12月 特装版)など。

詳細はこちらをご覧ください。

丸谷才一コレクション追加登録

2017.01.11

丸谷才一(1925-2012)宛諸家署名本194冊を登録しました。

主なものとして、
中村真一郎『長い回復期』(青娥書房、昭和51年11月)、
野口富士男『流星抄』(作品社、昭和54年10月)、
野坂昭如 『火垂るの墓』(成瀬書房、昭和53年6月 限定200部)など。

詳細はこちらをご覧ください。