アクセス

About

Posts by :

館報271号刊行しました

2016.05.13

2016年5月15日、館報271号を刊行しました。目次より

 随想……辺見庸さん

 蔵書の中から……西村和子さん

 寄贈資料紹介(同人雑誌「ひとで」)……賀川忠さん

 「近代文学の150年」展紹介……出久根達郎さん

 日本近代文学館年誌11号紹介……松村友視さん

 文庫・記念館……福島県二本松市 智恵子記念館(服部正人さん)

 短信(「BOOKMARK」)……金原瑞人さん

 未発表資料紹介……佐佐木信綱宛て書簡(賀古鶴所、加藤順三)

 このほか、川端康成記念室で開催中の「川端康成をめぐる書簡」展 みどころ紹介も。

1部100円。年間購読(年6回発行ごとにお届け、送料込1100円)も随時受付中です。お申込みお電話03-3468-4181

バックナンバーも販売中です。当サイト内の総目次もご利用ください。(館報「日本近代文学館」総目次

「Азъ」(あず)ほか雑誌欠号補充

2016.04.21

次の雑誌を欠号補充しました。

 

研究同人誌「Азъ」(あず) 創刊号(1988.7)~2号(昭和39.5) ロシア&スラヴ言語文化研究

「劫」(カルパ) 創刊号(昭和50.5)~3号(昭和51.11) 小野田襄二編集発行 

「中一時代」 12巻2号 (昭42.5) 連載小説・柳川創造、中沢昭二、光瀬龍、筒井康隆 

「水甕東京」 8巻3号(1975.9) 加藤将之・副島民雄追悼号

早大学生誌「ワセダ」 4号(1966.11) 尾崎一雄「早稲田の文学的伝統 私の文学」、村松卓「重油の夏」、森本穫「蒼茫」ほか

 

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

閲覧室の利用についてはこちらをご覧ください。

「宇宙塵」ほか雑誌欠号補充

2016.04.14

次の雑誌を欠号補充しました。

 

SF同人誌「宇宙塵」 79号(昭和39.5) 草川隆「灰色の基点」、筒井康隆「幻想の未来」ほか

「情況」 79号(昭和50.3) 特集「春闘構造の止揚にむけて」 

「駿台派」 特集号(昭和33.6) 現代作家・作品研究 

「人間専科」 2巻6号(昭和35.6) 武者小路実篤「或る男の思い出」、中川童二「川面を渡る風」、吉村俊子「小説・芥川龍之介」、田村泰次郎「虫」ほか

 

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

閲覧室の利用についてはこちらをご覧ください。

矢島道弘収集無頼文学コレクション登録

2016.04.02

無頼文学の研究で知られる矢島道弘氏(1937-2005)収集の図書548冊を登録しました。
田中英光・織田作之助・坂口安吾・太宰治著書など。

主なものとして、
田中英光『愛の手紙:小説』(青葉書房、昭和21年7月)、
    『愛と靑春と生活』(富國出版社、昭和22年3月)、
太宰治 『愛と美について:小説集』(竹村書房、昭和14年5月)など。

また、矢島氏の主な著編書として、
『太宰治:法衣の俗人』(明治書院、平成6年11月)、
『彷徨する酒呑童子:風論・田中英光』(三弥井書店、平成13年11月)、
『坂口安吾研究講座』1~3(久保田芳太郎共編、三弥井書店、昭和59年7月~昭和62年12月)など。

詳細はこちらをご覧ください。

展示室が新しくなりました

2016.04.02

日本近代文学館では、2015年12月から2016年2月にかけ、創立・開館五十年の記念事業のひとつとして、本館の展示室をリニューアル工事いたしました。

1967年開館当初から使用してきた展示室を全面的に更新、ケースのほか、壁面や床面、照明なども一新しました。

展示室入口は開口を広くし、明るい印象に。

展示室入口(手前は高見順胸像)

展示室入口(手前は高見順胸像)

 

ケース外観や壁面は白で統一。

スポットライトと深い色のカーペットが展示世界へ誘います。

展示室内

展示室内

 

また、あわせて館内外の誘導サインも更新・新設。

一階ロビー

一階ロビー

 

館内フロアマップ、イベント掲示板など、ご利用くださる皆さまに、より文学館に親しんでいただけるような空間を目指しました。

皆さまのご来館をお待ちしております!

2016年4月2日(土)~6月11日(土)、

リニューアル記念展「近代文学の150年―夏目漱石、芥川龍之介から戦後作家まで」を開催中です。

館報270号刊行しました

2016.03.15

2016年3月15日、館報270号を刊行しました。

酒井順子さん、高野秀行さんのエッセイのほか、「古書店と目録」では札幌の弘南堂書店さんが登場。開催中の展示「3.11文学館からのメッセージー震災を書く」と、春の展示「近代文学の150年」の紹介も。

所蔵資料は、佐佐木信綱宛て書簡(賀古鶴所)をご紹介します。

1部100円。年間購読(年6回発行ごとにお届け、送料込1100円)も随時受付中です。お申込みお電話03-3468-4181

バックナンバーも販売中です。当サイト内の総目次もご利用ください。(館報「日本近代文学館」総目次