新資料から見る谷崎潤一郎―創作ノート、日記を中心にして


4月1日(土)~6月10日(土)

 ―特別協力・中央公論新社 / 編集委員:紅野健介・千葉俊二

没後50年記念・決定版『谷崎潤一郎全集』全26巻(中央公論新社)の刊行を記念し、谷崎潤一郎展を開催いたします。

「松の木影」印画紙 写真提供・中央公論新社

「松の木影」印画紙
写真提供・中央公論新社

 

谷崎潤一郎著書より

谷崎潤一郎著書より

初公開資料 

 創作ノート「松の木影」印画紙 

戦 災で焼失したと考えられていた谷崎の創作ノート「松の木影」。2015年4月、その印画紙255枚が発見され、大きな話題を呼びました。本展では、この 「松の木影」をはじめとする創作ノートから、「春琴抄」以降の谷崎文学の成立過程、そして作品の背景にある膨大な世界をご紹介します。

晩年の日記

「思ふところがあつて古い日記帳を悉く焼き捨て」てしまったという谷崎。わずかに現存する昭和33(1958)年7月から38(1963)年2月までの代筆による日記を一部ご紹介します。

展示概要  

第1部  生涯と作家的出発まで

第2部 単行本でたどる谷崎文学

第3部 晩年の日記から

第4部 創作ノートの小宇宙

第5部 「細雪」と松子夫人

第6部 書簡にみる谷崎潤一郎

記念対談 「谷崎潤一郎 デンジャラスな作家」 

桐野夏生(作家)×千葉俊二(早稲田大学教授・本展編集委員)

5月3日(水・

14時開演(13時半開場、15時半終演予定)

開場:日本近代文学館 講堂

定員:80名

入場料:2,000円(会員 1800円)―展示観覧料を含む

お申し込み:☎03-3468-4181

※谷崎肖像写真 芦屋市谷崎潤一郎記念館提供