第80回 声のライブラリー


第80回 声のライブラリー 

朗読 山折哲雄氏、柴崎友香氏
司会 伊藤比呂美氏
日時

2015年2月14日(土) 2:00~4:00

会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券

2100円(会員1900円、学生1600円 *購入時・入場時に学生証をご提示ください)


山 折 哲 雄 (宗教学者)

朗読作品
  『デクノボーになりたい―私の宮沢賢治』 (小学館 2005年)

1931年サンフランシスコ生まれ。東北大学文学部インド哲学科卒業。国際日本文化研究センター名誉教授、国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。2002年『愛欲の精神史』で和辻哲郎文化賞、2010年南方熊楠賞を受賞。主な著書に『近代日本人の宗教意識』『こころの作法』『ブッダは、なぜ子を捨てたか』『「歌」の精神史』『親鸞をよむ』『母なるガンディー』『先生! どうやって死んだらいいですか?』(伊藤比呂美と共著)、『能を考える』などがある。

柴 崎 友 香 (作 家)

朗読作品
 「ここで、ここで」『わたしがいなかった街で』所収(新潮社 2014年)

1973年大阪府生まれ。大阪府立大学卒業。会社勤務のかたわら執筆活動をつづけ、99年作家デビュー。2007年『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、10年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、14年『春の庭』で 芥川賞を受賞。主な著書に『きょうのできごと』(04年行定勲監督により映画化)『また会う日まで』『ドリーマーズ』『虹色と幸運』『わたしがいなかった街で』『星よりひそかに』など。最新作に『パノララ』がある。

 


司会 伊 藤 比 呂 美 (詩 人)

1955年東京生まれ。青山学院大学文学部卒業。78年第一詩集『草木の空』刊行。小説、エッセイ、古典の現代語訳、絵本など幅広い分野で作品を発表しつづけている。主な著書に『良いおっぱい悪いおっぱい』『ラニーニャ』(野間文芸新人賞)、『日本の霊異ナ話』『河原荒草』(高見順賞)『読み解き「般若心経」』『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞)、『閉経期』『犬心』『父の生きる』『木霊草霊』『女の一生』などがある。