第82回声のライブラリー


第82回 声のライブラリー

朗読 新井高子氏、若松英輔氏
司会 伊藤比呂美氏
日時

2015年9月12日(土) 2:00~4:00

会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券

2100円(会員1900円、学生1600円 )


新井高子 (詩人)

朗読作品

『ベットと織機』 (未知谷 2013)
「足だぢ」(「ミて-詩と批評」128号 2014.9 所収)

1966 年、群馬県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。詩と批評の雑誌「ミて」編集人。97年第一詩集『詩集 覇王別姫』刊行。2008年第二詩集『タマシイ・ダンス』で小熊秀雄賞受賞。同作は英訳詩集『Soul Dance』(Jeffrey Angles訳)として刊行、ジャパン・タイムズなどで絶賛を受ける。埼玉大学准教授。日本現代詩歌文学館 (岩手県北上市)との共同企画で、詩と東北弁を結び付けることば遊びのワークショップを、震災被災地で展開している。

「ミて」HP  http://www.mi-te-press.net/

若松英輔 (批評家)

朗読作品

『魂にふれる  大震災と、生きている死者』 (トランスビュー 2012)

1968 年東京生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。読売新聞読書委員、「三田文学」編集長。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」で三田文学新人賞受賞。おもな著書に『井筒俊彦 叡知の哲学』『内村鑑三をよむ』『池田晶子 不滅の哲学』『岡倉天心 「茶の本」を読む』『涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』  『君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた』など、編著に『小林秀雄――越知保夫全作品』『井筒俊彦全集』などがある。    

公式HP  http://yomutokaku.jp/

 

 


司会 伊 藤 比 呂 美 (詩 人)

1955 年東京生まれ。青山学院大学文学部卒業。78年第一詩集『草木の空』刊行。小説、エッセイ、古典の現代語訳、絵本など幅広い分野で作品を発表しつづけてい る。主な著書に『ラニーニャ』(野間文芸新人賞)、『日本の霊異ナ話』『河原荒草』(高見順賞)、『読み解き「般若心経」』『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞)、『木霊草霊』『女の一生』『新訳 説経節』など、翻訳書に『リフカの旅』などがある。