アクセス

アーカイブ


資料は語る・アーカイブ

期日名称講師
2009.05.162009年度前期 太宰治 第1回増田みず子(女性への思い 太宰治)
2009.06.202009年度前期 太宰治 第2回東郷克美(津島修治から太宰治へ)
2009.07.182009年度前期 太宰治 第3回安藤宏(戦中・戦後の太宰治)
2009.09.192009年度後期 芥川龍之介 第1回石割透(芥川龍之介―〈文人〉として、〈芸術家〉としての…)
2009.10.172009年度後期 芥川龍之介 第2回池内輝雄(人生は死に至る戦い 芥川龍之介の遺書)
2009.11.212009年度後期 芥川龍之介 第3回黒井千次(短篇小説をめぐって)
2010.05.152010年度前期 近代文学100年(明治43年) 第1回坂上弘(荷風の「三田文学」)
2010.06.192010年度前期 近代文学100年(明治43年) 第2回辻原登(菅野スガの「針文字手紙」から見えてくるもの―小説『許されざる者』をめぐって―)
2010.07.172010年度前期 近代文学100年(明治43年) 第3回十川信介(漱石の〈死〉と美妙の〈死〉)
2010.09.182010年度後期 近代文学100年(昭和45年) 第1回川端香男里(川端康成書簡の織り成す世界)
2010.10.162010年度後期 近代文学100年(昭和45年) 第2回松本徹(三島由紀夫「天人五衰」をめぐって)
2010.11.202010年度後期 近代文学100年(昭和45年) 第3回村松英子(わが師 三島由紀夫)
2011.04.162011年度前期 女性がものを書く(明治) 第1回戸松泉(樋口夏子から一葉へ)
2011.05.212011年度前期 女性がものを書く(明治) 第2回尾形明子(青鞜の人・遠藤清子)
2011.06.252011年度前期 女性がものを書く(明治) 第3回小平麻衣子(田村俊子・愛と友情の間)
2011.09.172011年度後期 女性がものを書く(大正・昭和) 第1回川崎賢子(吉屋信子が書いた「女性」の多様性をめぐって―〈少女〉〈モダンガール〉〈妻〉をキーワードに)
2011.10.152011年度後期 女性がものを書く(大正・昭和) 第2回稲垣真美(尾崎翠の再発見)
2011.11.192011年度後期 女性がものを書く(大正・昭和) 第3回佐藤洋二郎(林芙美子の文学的磁場)
2012.04.212012年度前期 文学の〈大正〉 第1回山口直孝(志賀直哉『雨蛙』の問題―文学者をめぐる葛藤)
2012.05.192012年度前期 文学の〈大正〉 第2回千葉俊二(大正期の谷崎―『異端者の悲しみ』を中心に)
2012.06.232012年度前期 文学の〈大正〉 第3回伊藤一郎(芥川龍之介の詩・書・画)
2012.09.152012年度後期 文学の〈大正〉 第1回岩橋邦枝(野上彌生子の百年)
2012.10.202012年度後期 文学の〈大正〉 第2回荻野アンナ(日本のデュラス、宇野千代)
2012.11.172012年度後期 文学の〈大正〉 第3回池内輝雄(室生犀星―詩と小説のあいだ)
2013.04.202013年度前期 資料で読む「東京文学誌」 第1回小林幸夫(青春の諸相―根津・下谷 森鷗外と高村光太郎)
2013.05.182013年度前期 資料で読む「東京文学誌」 第2回石原千秋(電車が作る物語―田山花袋と夏目漱石)
2013.06.222013年度前期 資料で読む「東京文学誌」 第3回持田叙子(女性たちの東京―永井荷風と泉鏡花)
2013.09.212013年度後期 資料で読む「東京文学誌」 第1回宮内淳子(モダンな盛り場―浅草 川端康成・堀辰雄など)
2013.10.192013年度後期 資料で読む「東京文学誌」 第2回武藤康史(震災と復興―銀座 水上瀧太郎・久保田万太郎・里見弴など)
2013.11.162013年度後期 資料で読む「東京文学誌」 第3回松本侑子(太宰治―中央線時代の文学と恋。甲府の石原美知子~御茶ノ水の山崎富栄)
2014.04.192014年度前期 青春と文学 第1回竹内栄美子(金沢の青春―中野重治・室生犀星)
2014.05.172014年度前期 青春と文学 第2回日高昭二(同人雑誌の時代―小樽の坂道 小林多喜二・伊藤整)
2014.06.282014年度前期 青春と文学 第3回安藤宏(「川」から「海」へ―習作時代の太宰治)
2014.09.202014年度後期 青春と文学 第1回小林裕子(苦悩の果ての新生―佐多稲子の青春)
2014.10.182014年度後期 青春と文学 第2回鳥山玲(中村真一郎・まなざしの行方)
2014.11.152014年度後期 青春と文学 第3回坂上弘(第三の新人・戦後の青春―安岡章太郎)
2015.04.182015年度前期 文学と挿絵のコラボレーション 第1回関礼子(明治下町の情感 樋口一葉「にごりえ」と鏑木清方)
2015.05.162015年度前期 文学と挿絵のコラボレーション 第2回十川信介(漱石「明暗」と名取春仙の挿絵)
2015.06.262015年度前期 文学と挿絵のコラボレーション 第3回日高昭二(大正ロマンの傑作 菊池寛「真珠夫人」と鰭崎英朋)
2015.09.192015年度後期 文学と挿絵のコラボレーション 第1回千葉俊二(関西モダニズムの世界 谷崎潤一郎「蓼喰ふ虫」と小出楢重)
2015.10.172015年度後期 文学と挿絵のコラボレーション 第2回五十殿利治(村山知義と新聞紙)
2015.11.212015年度後期 文学と挿絵のコラボレーション 第3回浜田雄介(探偵小説の大仕掛け 江戸川乱歩「黄金仮面」と吉邨二郎)
2016.04.162016年度前期 資料で読む「東京文学誌」Ⅱ 第1回小泉博明(近代医学へのまなざし―斎藤茂吉と青山脳病院)
2016.05.212016年度前期 資料で読む「東京文学誌」Ⅱ 第2回武藤康史(劇場と撮影所―高見順『東京暮色』)
2016.06.112016年度前期 資料で読む「東京文学誌」Ⅱ 第3回山崎一穎(生活を支えた本郷菊坂の質商―樋口一葉と伊勢屋質店)
2016.09.172016年度後期 資料で読む「東京文学誌」Ⅱ 第1回江種満子(東京にて。恋と労働の雌伏―林芙美子『放浪記』)
2016.10.152016年度後期 資料で読む「東京文学誌」Ⅱ 第2回石﨑等(にじむ加筆・訂正の跡―夏目漱石『道草』)
2016.11.192016年度後期 資料で読む「東京文学誌」Ⅱ 第3回池内輝雄(夢と現実―芥川龍之介の軽井沢体験と短篇『浅草公園』の意味)