アクセス

声のライブラリー

声のライブラリー

第92回 声のライブラリー

2018年2月10日(土) 貞久秀紀氏・滝口悠生氏 司会:小池昌代氏


座談会風景

2月、5月、9月、11月の第2土曜日に開催します。
毎回2人の文学者が自作をそれぞれ20分程度朗読しその後、司会者も加わって座談会をいたします。
定員80人と小規模な会場のため、間近に肉声を聞くことができ、なごやかで熱気ある会となっております。
会終了後はささやかなサイン会もあります。
なお、会の模様は石橋財団の援助により、ビデオに撮影し、貴重な視聴覚資料として長く保存しております。

第92回 声のライブラリー

朗読 貞久秀紀氏、滝口悠生氏
司会 小池昌代氏
日時

2018年2月10日(土) 2:00~4:00

会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券

2100円(会員1900円、学生1600円 )


貞久秀紀(詩人)

朗読作品

『石はどこから人であるか』思潮社 2001  より
    「質素なしあわせ」「石はどこから人であるか」

『リアル日和』思潮社 1996  より
  「田中理容店」

『具現』思潮社 2017 より
  「あかるい陰で」「幼鳥である子」

1957年東京都生まれ。大阪外国語大学卒業。20代の終わりころから詩作をはじめ、「詩芸術」「詩人会議」「詩学」に投稿。90年「詩学」新人。94年第一詩集『ここからここへ』刊行。98年『空気集め』でH氏賞受賞。詩集に『リアル日和』『昼のふくらみ』『石はどこから人であるか』『具現』、詩画集『石のこの世』(銅版画・木村茂)などがある。2010年『明示と暗示』では知覚体験を記述する「明示法」を試みるとともに、以後この記述法を実作の場から考察した文集『雲の行方』を刊行、写生の可能性を追求している。

 

滝口悠生(作家)

朗読作品
  『茄子の輝き』新潮社 2017

1982年東京都生まれ。2011年「楽器」で新潮新人賞を受賞し作家デビュー。15年『愛と人生』で野間文芸新人賞、16年「死んでいない者」で芥川賞を受賞。著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』『高架線』などがある。朗読作品『茄子の輝き』は、別れた妻を忘れられない「私」の語りを通して、東日本大震災から間もない時期の東京に働く人々、「私」の記憶、日常を描いた六編の連作。

 

 

司会 小池昌代 (詩人・作家)

1959年東京都生まれ。津田塾大学卒業。詩集に『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、『コルカタ』(萩原朔太郎賞)、小説に『感光生活』『タタド』(表題作で川端康成文学賞)、『自虐蒲団』『厩橋』『たまもの』(泉鏡花賞)、編著に『通勤電車でよむ詩集』『おめでとう』『恋愛詩集』など。池澤夏樹個人編集・日本文学全集02巻において「百人一首」の現代詩訳と解説を担当した。近著に詩集『野笑 Noemi』、エッセイと小説『幼年 水の町』がある。

 


都合により朗読作品などが変更になる場合があります。
終了後、サイン会をおこないます。


 

声のライブラリー

第91回 声のライブラリー

11月11日(土) 高橋睦郎氏・恩田侑布子氏 司会:伊藤比呂美氏


座談会風景

2月、5月、9月、11月の第2土曜日に開催します。
毎回2人の文学者が自作をそれぞれ20分程度朗読しその後、司会者も加わって座談会をいたします。
定員80人と小規模な会場のため、間近に肉声を聞くことができ、なごやかで熱気ある会となっております。
会終了後はささやかなサイン会もあります。
なお、会の模様は石橋財団の援助により、ビデオに撮影し、貴重な視聴覚資料として長く保存しております。

第91回 声のライブラリー

終了いたしました。たくさんの方のご来場、ありがとうございました。

朗読 高橋睦郎氏、恩田侑布子氏
司会 伊藤比呂美氏
日時

2017年11月11日(土) 2:00~4:00

会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券

2100円(会員1900円、学生1600円 )


高橋睦郎(詩人)

朗読作品
「季語練習帖」 (俳誌「澤」2016年10月号、11月号、2017年9月号掲載)

1937年北九州市生まれ。福岡教育大学卒業。59年第一詩集『ミノ あたしの雄牛』刊行。以後、詩を中心に、短歌、俳句、小説、能、狂言、浄瑠璃などあらゆる分野で創作活動をつづける。82年『王国の構造』で藤村記念歴程賞、88年句歌集『稽古飲食』で読売文学賞、『兎の庭』で高見順賞、93年『旅の絵』で現代詩花椿賞、96年『姉の島』で詩歌文学館賞、2010年『永遠まで』で現代詩人賞、14年『和音羅読 詩人が読むラテン文学』で鮎川信夫賞、17年『句集 十年』で蛇笏賞、俳句四季大賞受賞。近著に『詩人が読む古典ギリシア 和訓欧心』『在りし、在らまほかりし三島由紀夫』『待たな終末』などがある。

 

恩田侑布子(俳人)

朗読作品
『夢洗ひ』(角川文化振興財団 2016)

『空塵秘抄』(角川書店 2008)
『振り返る馬』(思潮社 2005)
『イワンの馬鹿の恋』(ふらんす堂 2000)

 1956年静岡市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。高校時代に俳句を始め、毎日俳壇(飯田龍太選)特選入選を重ねる。種村季弘・池内紀・平賀敬らの「酔眼朦朧湯煙句会」、草間時彦捌の連句「木の会」で句座を楽しむ。「樸」代表。2013年評論集『余白の祭』でドゥマゴ文学賞受賞。2014年パリ日本文化会館客員教授としてコレージュ・ド・フランスをはじめフランスで講演を行う。2017年、句集『夢洗ひ』で芸術選奨文部科学大臣賞、現代俳句協会賞を受賞。句集に『イワンの馬鹿の恋』『振り返る馬』『空塵秘抄』『夢洗ひ』、共著に『現代俳句ハンドブック』『句会遊遊』『三省堂 名歌名句辞典』など多数。

 

司会 伊藤比呂美(詩人)

1955年東京生まれ。青山学院大学文学部卒業。78年第一詩集『草木の空』刊行。小説、エッセイ、古典の現代語訳、絵本など幅広い分野で作品を発表しつづけている。主な著書に『ラニーニャ』(野間文芸新人賞)、『日本の霊異ナ話』『河原荒草』(高見順賞)、『読み解き「般若心経」』『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞)、『木霊草霊』『女の一生』『新訳 説経節』『切腹考』など、編著に『石垣りん詩集』がある。

 


都合により朗読作品などが変更になる場合があります。
終了後、サイン会をおこないます。


 

声のライブラリー

自作朗読と座談会

9月9日(土) 梯久美子氏・石田千氏 司会:佐藤洋二郎氏

終了しました。たくさんのご参加まことにありがとうございました。


  座談会風景

2月、5月、9月、11月の第2土曜日に開催します。
毎回2人の文学者が自作をそれぞれ20分程度朗読しその後、司会者も加わって座談会をいたします。
定員80人と小規模な会場のため、間近に肉声を聞くことができ、なごやかで熱気ある会となっております。
会終了後はささやかなサイン会もあります。
なお、会の模様は石橋財団の援助により、ビデオに撮影し、貴重な視聴覚資料として長く保存しております。

第90回 声のライブラリー

朗読 梯久美子氏、石田千氏
司会 佐藤洋二郎氏
日時

2017年9月9日(土) 2:00~4:00

会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券

2100円(会員1900円、学生1600円 )


梯久美子 (ノンフィクション作家)

朗読作品

「少女たちのひろしま」 (『猫を抱いた父』求龍堂 2013 より)

『狂うひと 「死の棘」の妻・島尾ミホ』 (新潮社 2016)

1961年熊本県生まれ。北海道大学文学部卒業。編集者を経て文筆業に。2006年『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。同書は世界8ヵ国で翻訳出版されている。2017年『狂うひと「死の棘」の妻・島尾ミホ』で読売文学賞および芸術選奨文部科学大臣賞受賞。著書に『昭和の遺書―55人の魂の記録』『百年の手紙―日本人が遺したことば』『廃線紀行―もうひとつの鉄道旅』『声を届ける―10人の表現者』『愛の顛末―純愛とスキャンダルの文学史』などがある。

 

石田千 (作家)

朗読作品

「びわの木」 (『夜明けのラジオ』講談社 2014 より)

1968年福島県生まれ。國學院大學文学部卒業。学生時代より、嵐山光三郎事務所で働く。2001年「大踏切書店のこと」で第一回古本小説大賞受賞。嵐山事務所独立後11年「あめりかむら」12年「きなりの雲」16年「家へ」が芥川賞候補となる。小説集に『みなも』『あめりかむら』『きなりの雲』『バスを待って』『家へ』、エッセイ集に『踏切趣味』『ぽっぺん』『きつねの遠足』『唄めぐり』『箸もてば』などがある。

 

司会 佐藤洋二郎 (作家)

1949年福岡県生まれ。日本大学芸術学部教授。95年『夏至祭』で野間文芸新人賞、99年『岬の蛍』で芸術選奨文部大臣新人賞、2001年『イギリス山』で木山捷平文学賞を受賞。著書に『親鸞 既往は咎めず』『忍土』『一遍上人と遊行の旅』『妻籠め』などがある。当館理事。

 


都合により朗読作品などが変更になる場合があります。
終了後、サイン会をおこないます。