アクセス

ニュース

2017年度「文学館演習」受講者募集中

2017.04.18

8月22日(火)~26日(土)の「文学館演習」、一般受講者(博物館実習としない方)のお申し込みを受け付けています。
大学学部生・大学院生のほか、社会人の方のご参加もお待ちしております。
募集要項や講義概要はこちら

年誌12号刊行しました

2017.03.21

2017年3月、年誌12号を刊行いたしました。


文学館の所蔵資料紹介の機会を増やすため、「日本近代文学館年誌―資料探索」という紀要を年に一冊刊行しております。
文学者の書下ろしエッセイ、館蔵資料を用いた論考、未発表資料の翻刻と解説を収録。お申し込みは文学館まで(一般1020円/会員860円)。
バックナンバーもあります。「文学館年誌―資料探索」ページ

館報276号刊行しました

2017.03.15

2017年3月15日、館報第276号を刊行しました。目次より…

 【随想】 安岡章太郎展の一隅……酒井忠康氏

 【蔵書の中から】 サイン本……角田光代氏

 【春の企画展「新資料から見る谷崎潤一郎」】
   谷崎潤一郎展について……紅野謙介氏

   この一点 松の木影……千葉俊二氏

 【3.11文学館からのメッセージ展】 この頃思うこと……伊藤悠子氏

 【文庫・記念館】 放浪の俳人追憶 井上井月顕彰会について……北村皆雄氏

 【資料でたどる開館までの歳月】 1967年4月13日、日本近代文学館開館―。  

 【未発表資料紹介】 佐佐木信綱宛書簡(差出人は金子薫園、狩野亨吉、上司小剣、川合玉堂)

1部100円。年間購読(年6回発行ごとにお届け、送料込1100円)も随時受付中です。お申込みお電話03-3468-4181

バックナンバー販売中です。当サイト内の総目次もご利用ください。(館報「日本近代文学館」総目次

2017年度「資料は語る」情報更新

2017.03.11

講座「資料は語る」の2017年度概要を公開いたしました。
新年度のテーマは「作家からの手紙」です。
前期:4月15日・5月20日・6月10日
後期:9月16日・10月21日・11月18日
詳しくはこちら

3月1日(水)早朝サーバ停止のお知らせ

2017.02.24

3月1日(水)、ホームページサイトのサーバメンテナンスのため、一時的に当館のホームページへのアクセスができなくなります。

  作業実施日:2017年3月1日(水)

  作業時刻:AM4:00〜AM5:00


 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

館報275号刊行しました

2017.01.05

2017年1月1日、館報第275号を刊行しました。目次より…

  【随想】 ファーストコンタクト……紀野恵氏

  【蔵書の中から】 ちょこざいな、名を名乗れ!……杉山亮氏

  【館蔵資料紹介】 『風と共に去りぬ』と著作権……荒このみ氏

  【その頃】 間もなく傘寿の「九州文學」……波佐間義之氏

  【文庫・記念館】 アジア・アフリカ図書館……佐藤万矢子氏

  【閲覧室】 「速記文庫」について……荒木章氏

  【駒場の四季】 酉年の年賀状から  

  【未発表資料紹介】 橋本多佳子書簡、佐佐木信綱宛書簡

1部100円。年間購読(年6回発行ごとにお届け、送料込1100円)も随時受付中です。お申込みお電話03-3468-4181

バックナンバー販売中です。当サイト内の総目次もご利用ください。(館報「日本近代文学館」総目次

新年は1月5日(木)から

2016.12.28

駒場本館は、1月5日(木)から開館します。
成田分館は、1月7日(土)からの第一、第三土曜日に開館いたします。

よろしくお願い申し上げます。

[Edit]