アクセス

ニュース

年誌10号刊行しました

2015.03.19

2015年3月、年誌10号を刊行いたしました。
文学館の所蔵資料紹介の機会を増やすため、「日本近代文学館年誌―資料探索」という紀要を年に一冊刊行しております。
文学者の書下ろしエッセイ、館蔵資料を用いた論考、未発表資料の翻刻と解説を収録。お申し込みは文学館まで(一般1020円/会員860円)。
バックナンバーもあります。「文学館年誌―資料探索」ページ

10号目次

エッセイ   三浦 雅士 世界遺産と文学館
  松浦 寿輝 音楽を聴く作家たち
  荻野アンナ ケチの話
  藤沢  周 基次郎という兄貴
  間宮 幹彦 吉本さんが「あなた」と言うとき
  西川 祐子 日本近代文学館で出会う偶然と必然
     
論  考 

小林 幸夫

<軍服着せれば鷗外だ>事件
   ―森鷗外「観潮楼閑話」と高村光太郎
  有元 伸子

岡田(永代)美知代研究の現況と可能性
   ―〈家事労働〉表象を例に―
  山口  徹

作家太宰治の揺籃期
   ―中学・高校時代のノートに見る映画との関わり
  吉川 豊子

文学館所蔵 佐佐木信綱宛大塚楠緒子書簡(補遺)
   ―洋楽鑑賞と新体詩集『青葉集』をめぐって―
  江種 満子 高群逸枝・村上信彦の戦後16年間の往復書簡をめぐって
     
資料紹介     

加藤桂子・田村瑞穂・
土井雅也・宮西郁実
村上信彦・高群逸枝往復書簡

 

館報264号刊行しました

2015.03.14

館報第264号(2015年3月号)を刊行しました。
有働薫さん、矢野誠一さんのエッセイのほか、最近受贈した坂口安吾の手紙について(石井英夫さん)、旅の図書館(大隅一志さん)紹介、新コーナー「古書店と目録」には一誠堂書店さんにご寄稿いただきました。春の企画展紹介ページもあり、盛りだくさんの100円です。お電話でもお申込みいただけます。
*年間購読(年6回お届け)1100円

館報263号刊行しました

2015.01.06

館報第263号(2015年1月号)を刊行しました。
坂上弘理事長の巻頭随想にはじまり、佐藤さとるさん、鈴木裕美さん、藤富保男さん、宮田毬栄さんによるエッセイのほか、各地の文学館からは高知県香美市の吉井勇記念館(学芸員:柳瀬美紀さん)にご登場いただき、館蔵資料として谷崎潤一郎書簡や120年前のひつじ年年賀状をご紹介します。
1部100円、年間購読(年6回発行)1100円です。

文庫・コレクション情報更新

2014.12.25

文庫・コレクション一覧情報を更新しました。トップページの「文庫・コレクション」バナーからご覧ください。
これらの資料は常時展示されているものではありません。また、文庫・コレクションによって収蔵形態が異なり、肉筆資料などの特別資料の閲覧は、予約が必要です。
ご利用に際しては、あらかじめお問い合わせくださいますようお願いいたします。
文庫・コレクションのページ

館報262号を刊行しました

2014.11.15

2014年11月15日、館報「日本近代文学館」第262号を刊行しました。
10月末に終了した「川端康成と「日本の美」展」および関連イベントについてのご報告、開催中の「芥川賞・直木賞 原稿コレクション展」関連記事など。
1部100円。年間購読(年6回発行、送料込1100円)も申込受付中です。

館報261号を刊行しました

2014.09.15

2014年9月15日、館報「日本近代文学館」第261号を刊行しました。
9月16日からパリ日本文化会館で開催される「川端康成と「日本の美」」、
9月27日から駒場本館ではじまる「芥川賞・直木賞 原稿コレクション展」
などをご紹介しております。1部100円。