夏の文学教室 近代と現代の間―昭和の文学から


7月30日(月)-8月4日(土) 於:有楽町よみうりホール

会場風景

会場風景(有楽町・よみうりホールは1,100 人収容の大きな講演会場です)

第55回 夏の文学教室 〈近代と現代の間―昭和の文学から〉

明治・大正を経て、日本の近代が迎えた昭和という新しい時代。
文学の諸相から、その生きた姿と変遷を見つめます。

会期: 2018年7月30日(月)~8月4日(土)
会場: 有楽町よみうりホール(ビックカメラ7F)
後援: 読売新聞社
協力: 小学館

 

プログラム

 

1時間目 13:00~14:00 2時間目 14:10~15:10 3時間目 15:20~16:20
7/30
(月)
荒川洋治
黒島伝治の文学世界
中島京子
#MeTooと『女性に関する十二章』
佐伯一麦
川端康成の魔界──「みづうみ」を中心に
7/31
(火)
島田雅彦
日本というフィクション 三島について
浅田次郎
文学と兵隊 火野葦平をめぐって
伊藤比呂美
名誉詩人としての太宰治
8/1
(水)
中上紀
中上健次『鳳仙花』から『熊野集』の頃
木内昇
司馬遼太郎が描いた近代──坂の上の雲への道
川本三郎
台湾を描いた日本の小説―佐藤春夫から丸谷才一まで
8/2
(木)
宮沢章夫
小説を読む時間──横光利一『機械』を11年かけて読む
堀江敏幸
井伏鱒二の胆力について
高橋源一郎
ヒロヒトと文学
8/3
(金)
林望
中島敦、その文章の力と味わい
磯﨑憲一郎
マジック・リアリズムの先駆としての北杜夫
町田康
理屈の笑い
8/4
(土)
青来有一
語り部の祈り──林京子と原爆文学のメッセージ──
安藤礼二
折口信夫の『死者の書』―昭和の闇と光
池澤夏樹
石牟礼道子という多面体
7/30(月) 1時間目 13:00~14:00

荒川洋治
黒島伝治の文学世界

(プロフィール準備中)

7/30(月) 2時間目 14:10~15:10

中島京子
#MeTooと『女性に関する十二章』

(プロフィール準備中)

7/30(月) 3時間目 15:20~16:20

佐伯一麦
川端康成の魔界──「みづうみ」を中心に

(プロフィール準備中)

7/31(火) 1時間目 13:00~14:00

島田雅彦
日本というフィクション 三島について

(プロフィール準備中)

7/31(火) 2時間目 14:10~15:10

浅田次郎
文学と兵隊 火野葦平をめぐって

(プロフィール準備中)

7/31(火) 3時間目 15:20~16:20

伊藤比呂美
名誉詩人としての太宰治

(プロフィール準備中)

8/1(水) 1時間目 13:00~14:00

中上紀
中上健次 『鳳仙花』から『熊野集』の頃

(プロフィール準備中)

8/1(水) 2時間目 14:10~15:10

木内昇
司馬遼太郎が描いた近代──坂の上の雲への道

(プロフィール準備中)

8/1(水) 3時間目 15:20~16:20

川本三郎
台湾を描いた日本の小説
―佐藤春夫から丸谷才一まで

(プロフィール準備中)

8/2(木) 1時間目 13:00~14:00

宮沢章夫
小説を読む時間
──横光利一『機械』を11年かけて読む

(プロフィール準備中)

8/2(木) 2時間目 14:10~15:10

堀江敏幸
井伏鱒二の胆力について

(プロフィール準備中)

8/2(木) 3時間目 15:20~16:20

高橋源一郎
ヒロヒトと文学

(プロフィール準備中)

8/3(金) 1時間目 13:00~14:00

林望
中島敦、その文章の力と味わい

(プロフィール準備中)

8/3(金) 2時間目 14:10~15:10

磯﨑憲一郎
マジック・リアリズムの先駆としての北杜夫

(プロフィール準備中)

8/3(金) 3時間目 15:20~16:20

町田康
理屈の笑い

(プロフィール準備中)

8/4(土) 1時間目 13:00~14:00

青来有一
語り部の祈り
──林京子と原爆文学のメッセージ──

(プロフィール準備中)

8/4(土) 2時間目 14:10~15:10

安藤礼二
折口信夫の『死者の書』―昭和の闇と光

(プロフィール準備中)

8/4(土) 3時間目 15:20~16:20

池澤夏樹
石牟礼道子という多面体

(プロフィール準備中)

講師名クリックでプロフィールがご覧いただけます。

 

受 講 料

全期間券 前売 9,300円《当日 10,000円》
※6日間通しの受講券です
各日券 前売1,900円《当日 2,000円》

会員割引もあります。詳しくは下記をご覧下さい。

 

申 込 方 法

1.文学館に直接お申込の場合は、館内正面受付での販売の他、下記の2つの方法があります。

  • 現金書留(受講券代金)
  • 郵便振替(受講券代金)ご連絡いただければ指定の郵便振替用紙をお送りします。
    ※郵便振替用紙は郵便局にもあります。
    口座番号:00140-0-47730
    口座名:公益財団法人 日本近代文学館

氏名・住所・電話番号、全期間券/各日券の別(各日券の場合は御希望の日にち)及び枚数を忘れずにご記入ください。

※チケット送料は文学館が負担致します。

 【郵便振替用紙・チラシご希望のかたは下記メールフォームより「夏の文学教室係」までご連絡下さい】

 

2.下記の書店・百貨店等でも受講券を販売しています。

紀伊國屋書店新宿本店 (5F キノチケットカウンター)TEL 03-3354-0141
紀伊國屋書店横浜店 (横浜そごう7F)TEL 045-450-5901
オリオン書房ノルテ店 TEL 042-522-1231
三省堂書店神保町本店 TEL 03-3233-3312
東武友の会 (東武百貨店 池袋店6F10番地)TEL 03-3981-2211
パルコブックセンター吉祥寺店 (吉祥寺パルコ B2F)TEL 0422-21-8122
八重洲ブックセンター本店 TEL 03-3281-1811
ちけっとぽーと (総合案内)TEL 03-5561-7714
渋谷109店(2F)
銀座店(銀座ファイブ1F)
大丸東京店(11F)
新宿店(伊勢丹会館B1F)
池袋PARCO店 (6F)
吉祥寺店(アトレ吉祥寺東館B1F)
大宮ソニックシティ店(1F)
横浜店(横浜駅東口地下街ポルタ内)
チケットぴあ Pコード 全期間券 991-724  各日券 639-199
ローソンチケット Lコード 34730

 

【期間中ブックフェア開催】
東京・八重洲ブックセンター本店と、神田神保町・東京堂書店の2店舗にて、タイアップブックフェアを開催!
出講講師の著作本と、講演にまつわる書籍を書店にてお求めいただけます。
八重洲ブックセンターHPはこちら
東京堂書店HPは こちら

 

【会員割引での受講料】

■全期間券…前売8,300円
※6日間通しの受講券です
■各日券…前売1,700円

※会員とは当館の「維持会」・ 「文学館友の会(旧・館の会)」会員の方をさします。

※会員割引は当館に直接お申込の場合にのみ有効です。

 

夏の文学教室・資料請求フォーム

資料請求の流れ ・注意事項

  • 資料請求は以下のフォームより必要な情報を入力して下さい。
  • 送信をクリックするとお申込内容がご記入のe-mailアドレス宛に送信されます。
  • 資料請求受付後、資料を郵送致します。(申請後4、5日経っても到着しない場合は必ずご連絡下さい。)
必須氏名
必須住所

郵便番号

住所

必須メールアドレス
必須確認用メールアドレス
その他メッセージ

個人情報の取り扱いについて

当館は、個人情報保護方針の重要性を強く認識し、個人情報の保護に関する法律、その他関係法令・ガイドラインを遵守して、個人情報を大切に取り扱います。

個人情報の取り扱いについて、詳しくは下記のページをご覧ください。

個人情報保護方針

上記内容をご確認頂き、よろしければチェックを入れて送信ボタンを押してください。

※送信後確認画面は表示されません。