アクセス

About

Posts by :

館報265号刊行しました

2015.05.15

館報第265号(2015年5月号)を刊行しました。
工藤正廣さん、平松洋子さんのエッセイのほか、最近受贈した島﨑藤村・蓊助関連資料について(加藤哲郎さん)、石川県西田幾多郎記念哲学館(山名田沙智子さん)紹介、そして開催中の「少年少女雑誌にみる近代」展について村上里和さん、久米依子さんがご寄稿くださいました。さらに維持会員の方から「文学館に期待すること」をテーマにメッセージもいただき、盛りだく さんの100円です。お電話でもお申込みいただけます。
*年間購読(年6回お届け、送料込)1100円

木島始文庫登録

2015.05.06

詩人、童話作家、アメリカ黒人文学の翻訳でも知られる木島始(1928-2004)の著訳書や作品収録書など(210冊)を登録しました。

主な著書として、
『うりこひめとあまんじゃく』(岩崎書店、昭和43年2月)、
『ゆきむすめ』(岩崎書店、昭和45年4月)、
『パゴダの朝 : 木島始詩集』(青土社、昭和52年9月)、
『しゅてんどうじ』(暁教育図書、昭和54年11月)など。

主な訳書として、
ナット・ヘントフ著『ジャズ・カントリー』(晶文社、昭和41年11月)、
キップリング作『ジャングル・ブック』(玉川大学出版部、昭和52年4月)など。

詳細はこちらをご覧ください。

「冨士」「黒猫」ほか雑誌欠号補充

2015.04.02

次の雑誌を欠号補充しました。

「面白世界」 4巻3号(大正14.3) 主幹・曽我廼家五九郎 執筆者・中村芝鶴、三遊亭遊三、桃川燕玉、大橋青波、骨川道人など

「黒猫」 1巻4号(昭和22.10) 渡邊啓助、蒼井雄、東震太郎、江戸川乱歩など

「最新新語新知識」 (「現代」13巻1号(昭和7.1)附録) 

「冨士」 4巻12号(昭和6.12) 佐々木邦、吉川英治、佐藤紅緑、大佛次郎、三上於菟吉など

「文化生活」 3巻3号(大正12.3) 森本厚吉、吉野作造、柳宗悦、吉田絃二郎など

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

渡辺彰・赤岡東コレクション登録

2015.03.26

永井由佐氏寄贈の図書(約100冊)を登録しました。
坂口安吾、太宰治らの著書、研究書など。

主なものとして、
坂口安吾『眞珠 : 創作集』(大観堂出版、昭和18年10月)、
    『吹雪物語 : 夢と知性』(竹村書房、昭和13年7月)、
    『不連続殺人事件』(春陽堂書店、昭和29年2月)、
太宰治 『女生徒 : 短篇集』(砂小屋書房、昭和14年7月)など。

詳細はこちらをご覧ください。

年誌10号刊行しました

2015.03.19

2015年3月、年誌10号を刊行いたしました。
文学館の所蔵資料紹介の機会を増やすため、「日本近代文学館年誌―資料探索」という紀要を年に一冊刊行しております。
文学者の書下ろしエッセイ、館蔵資料を用いた論考、未発表資料の翻刻と解説を収録。お申し込みは文学館まで(一般1020円/会員860円)。
バックナンバーもあります。「文学館年誌―資料探索」ページ

10号目次

エッセイ   三浦 雅士 世界遺産と文学館
  松浦 寿輝 音楽を聴く作家たち
  荻野アンナ ケチの話
  藤沢  周 基次郎という兄貴
  間宮 幹彦 吉本さんが「あなた」と言うとき
  西川 祐子 日本近代文学館で出会う偶然と必然
     
論  考 

小林 幸夫

<軍服着せれば鷗外だ>事件
   ―森鷗外「観潮楼閑話」と高村光太郎
  有元 伸子

岡田(永代)美知代研究の現況と可能性
   ―〈家事労働〉表象を例に―
  山口  徹

作家太宰治の揺籃期
   ―中学・高校時代のノートに見る映画との関わり
  吉川 豊子

文学館所蔵 佐佐木信綱宛大塚楠緒子書簡(補遺)
   ―洋楽鑑賞と新体詩集『青葉集』をめぐって―
  江種 満子 高群逸枝・村上信彦の戦後16年間の往復書簡をめぐって
     
資料紹介     

加藤桂子・田村瑞穂・
土井雅也・宮西郁実
村上信彦・高群逸枝往復書簡

 

「少女」「こくみん三年生」ほか児童雑誌欠号補充

2015.03.19

次の雑誌を欠号補充しました。

「こくみん三年生」 18巻4号(昭16.7) 室生犀星、槇本楠郎、石原純、榊山潤、竹内てるよ、間宮茂輔、浜田広介、田代秋鶴など

「子供之友」 25巻1号(昭13.1) 北原白秋、山本鼎など

「子供之友」 25巻2号(昭13.2) 武内俊子、羽仁説子など

「少女」 8巻6号(昭27.6) 中野実、角田喜久雄、小糸のぶ、井上靖、長谷川幸延など

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

館報264号刊行しました

2015.03.14

館報第264号(2015年3月号)を刊行しました。
有働薫さん、矢野誠一さんのエッセイのほか、最近受贈した坂口安吾の手紙について(石井英夫さん)、旅の図書館(大隅一志さん)紹介、新コーナー「古書店と目録」には一誠堂書店さんにご寄稿いただきました。春の企画展紹介ページもあり、盛りだくさんの100円です。お電話でもお申込みいただけます。
*年間購読(年6回お届け)1100円

「東洋」ほか欠号補充

2015.03.12

次の雑誌を欠号補充しました。

「支那語雑誌」1巻4号(昭16.4) 主宰・宮原民平、執筆者・竹内好、魚返善雄、張資平、竹田復など

「東洋」日本生産力増強方策特輯 45年12号(昭17.2) 紀平正美、春日井薫、島田孝一、高松棟一郎など

「新亞細亞」3巻12号(昭16.12) 須山卓、黄演馨、清見睦郎、鈴木東民、郡司喜一など

「新亞細亞」4巻5号(昭17.5) 松丸志摩三、相川春喜、法貴三郎、奥野金三郎など

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。