アクセス

声のライブラリー

第97回 声のライブラリー

2019年5月11日(土) 津野海太郎氏・平松洋子氏 司会:伊藤比呂美氏


使用希望写真

 

 

 

 

 

 

2月、5月、9月、11月の第2土曜日に開催します。
毎回2人の文学者が自作をそれぞれ20分程度朗読しその後、司会者も加わって座談会をいたします。
定員80人と小規模な会場のため、間近に肉声を聞くことができ、なごやかで熱気ある会となっております。
会終了後はささやかなサイン会もあります。
なお、会の模様は石橋財団の援助により、ビデオに撮影し、貴重な視聴覚資料として長く保存しております。

第97回 声のライブラリー

朗読 津野海太郎氏、平松洋子氏
司会 伊藤比呂美氏
日時 2019年5月11日(土) 2:00~4:00
会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券 2100円(会員1900円、学生1600円 )

【お申し込み方法】
お申し込みは、郵便振替をご利用ください。折り返し受講券をお送りいたします。

通信欄に「声のライブラリー」と明記の上、2,100円を下記口座にご送金ください。

口座記号番号:00140-0-47730
加入者名:公益財団法人 日本近代文学館


津野海太郎(評論家・編集者)

朗読作品

『読書と日本人』 岩波書店 2016

『最後の読書』  新潮社 2018

1938年福岡県生まれ。早稲田大学卒業後、劇団「黒テント」演出、晶文社取締役、『季刊・本とコンピュータ』総合編集長、和光大学教授・図書館長などを歴任。03年に坪内逍遥伝『滑稽な巨人』で新田次郎文学賞受賞、09年に『ジェローム・ロビンスが死んだ』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。著書に『歩くひとりもの』『花森安治伝 日本の暮しをかえた男』『読書と日本人』など多数。近著に『最後の読書』。

 

平松洋子(エッセイスト)

朗読作品

「黒曜石」
(『忘れない味「食べる」をめぐる27篇』所収)
講談社 2019

1958年岡山県生まれ。東京女子大学文理学部社会学科卒業。食文化や暮らし、文芸などをテーマに執筆活動を行う。06年に『買えない味』で第16回ドゥマゴ文学賞受賞、12年に『野蛮な読書』で第28回講談社エッセイ賞受賞。著書に『おとなの味』『焼き餃子と名画座』『洋子さんの本棚』(小川洋子氏との共著)、『日本のすごい味』『そばですよ 立ちそばの世界』『食べる私』など多数。近著に『忘れない味「食べる」をめぐる27篇』。


司会 伊藤比呂美
(詩人)

1955年東京生まれ。青山学院大学文学部卒業。78 年第一詩集『草木の空』刊行。小説、エッセイ、古典の現代語訳、絵本など幅広い分野で作品を発表しつづけている。主な著書に『ラニーニャ』(野間文芸新人賞)『日本の霊異ナ話』『河原荒草』(高見順賞)『読み解き「般若心経」』『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞)『木霊草霊』『女の一生』『新訳 説経節』『切腹考』など、編著に『石垣りん詩集』がある。近著に『先生、ちょっと人生相談いいですか?』(瀬戸内寂聴氏との共著)、『たそがれてゆく子さん』。

 


都合により朗読作品などが変更になる場合があります。
終了後、サイン会をおこないます。

 

第96回 声のライブラリー

2019年2月9日(土) 石内都氏・藤原辰史氏 司会:伊藤比呂美氏


使用希望写真

 

 

 

 

 

 

2月、5月、9月、11月の第2土曜日に開催します。
毎回2人の文学者が自作をそれぞれ20分程度朗読しその後、司会者も加わって座談会をいたします。
定員80人と小規模な会場のため、間近に肉声を聞くことができ、なごやかで熱気ある会となっております。
会終了後はささやかなサイン会もあります。
なお、会の模様は石橋財団の援助により、ビデオに撮影し、貴重な視聴覚資料として長く保存しております。

第96回 声のライブラリー

朗読 石内都氏、藤原辰史氏
司会 伊藤比呂美氏
日時 2019年2月9日(土) 2:00~4:00
会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券 2100円(会員1900円、学生1600円 )

【お申し込み方法】
お申し込みは、郵便振替をご利用ください。折り返し受講券をお送りいたします。

通信欄に「声のライブラリー」と明記の上、2,100円を下記口座にご送金ください。

口座記号番号:00140-0-47730
加入者名:公益財団法人 日本近代文学館


石内都(写真家)

朗読作品

『写真関係』 筑摩書房 2016 

1947年群馬県桐生市に生まれ、横須賀で育つ。79年に「Apartment」で第4回木村伊兵衛写真賞受賞。05年には母親の遺品を撮影した「Mother’s」で第51回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家に選出。13年に紫綬褒章、14年にハッセルブラッド国際写真賞受賞。17年、横浜美術館にて大規模個展「肌理と写真」を開催。写真集に『1・9・4・7』、『ひろしま』、『フリーダ 愛と痛み』など。写文集『モノクローム』、『キズアト』、『写真関係』。

 

藤原辰史(農業史研究者)

朗読作品

『給食の歴史』 岩波書店 2018

1976年北海道旭川市に生まれ、島根県横田町(現奥出雲町)で育つ。京都大学大学院人間・環境学研究科中途退学。現在、京都大学人文科学研究所准教授。専攻は食の思想史、農業史。05年に『ナチス・ドイツの有機農業』で第1回日本ドイツ学会奨励賞、13年に『ナチスのキッチン』で第1回河合隼雄学芸賞受賞。著書に『食べること考えること』、『稲の大東亜共栄圏』、『戦争と農業』、『給食の歴史』など。


司会 伊藤比呂美
(詩人)

1955年東京生まれ。青山学院大学文学部卒業。78 年第一詩集『草木の空』刊行。小説、エッセイ、古典の現代語訳、絵本など幅広い分野で作品を発表しつづけている。主な著書に『ラニーニャ』(野間文芸新人賞)、『日本の霊異ナ話』、『河原荒草』(高見順賞)、『読み解き「般若心経」』、『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞)、『木霊草霊』、『女の一生』、『新訳 説経節』、『切腹考』など、編著に『石垣りん詩集』がある。近著に『先生、ちょっと人生相談いいですか?』(瀬戸内寂聴氏との共著)、『たそがれてゆく子さん』。

 


都合により朗読作品などが変更になる場合があります。
終了後、サイン会をおこないます。

 

第95回 声のライブラリー

2018年11月10日(土) 青来有一氏・暁方ミセイ氏 司会:小池昌代氏


使用希望写真

 

 

 

 

 

 

2月、5月、9月、11月の第2土曜日に開催します。
毎回2人の文学者が自作をそれぞれ20分程度朗読しその後、司会者も加わって座談会をいたします。
定員80人と小規模な会場のため、間近に肉声を聞くことができ、なごやかで熱気ある会となっております。
会終了後はささやかなサイン会もあります。
なお、会の模様は石橋財団の援助により、ビデオに撮影し、貴重な視聴覚資料として長く保存しております。

第95回 声のライブラリー

朗読 青来有一氏、暁方ミセイ氏
司会 小池昌代氏
日時 2018年11月10日(土) 2:00~4:00
会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券 2100円(会員1900円、学生1600円 )

【お申し込み方法】
お申し込みは、郵便振替をご利用ください。折り返し受講券をお送りいたします。

通信欄に「声のライブラリー」と明記の上、2,100円を下記口座にご送金ください。

口座記号番号:00140-0-47730
加入者名:公益財団法人 日本近代文学館


青来有一(作家)

朗読作品

「愛撫、不和、和解、愛撫の日々」『悲しみと無のあいだ』文藝春秋 2015  より

1958年長崎県長崎市生まれ。作家。長崎大学教育学部卒業。95年「ジェロニモの十字架」で第80回文學界新人賞、01年「聖水」で第124回芥川賞、07年『爆心』で第18回伊藤整文学賞、第43回谷崎潤一郎賞を受賞。著書に『夢の栓』、『人間のしわざ』、『悲しみと無のあいだ』などがある。近著に『小指が燃える』(文藝春秋)

 

暁方ミセイ(詩人)

朗読作品

『魔法の丘』思潮社 2017
紫雲天気、嗅ぎ回る 岩手歩行詩篇』港の人 2018

1988年神奈川県横浜市生まれ。10年に第48回現代詩手帖賞受賞。11年に第1詩集『ウイルスちゃん』で第17回中原中也賞、18年に第3詩集『魔法の丘』で第9回鮎川信夫賞受賞。そのほか著書に『ブルーサンダー』、『連詩 地形と気象』(管啓次郎・大崎清夏・石田瑞穂との共著)、電子版詩集に『宇宙船とベイビー』がある。近著に『紫雲天気、嗅ぎ回る 岩手歩行詩篇』(港の人)


司会 小池昌代
(詩人・作家)

1959年東京都生まれ。津田塾大学卒業。詩集に『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、『コルカタ』(萩原朔太郎賞)、小説に『感光生活』『タタド』(表題作で川端康成文学賞)、『自虐蒲団』『厩橋』『たまもの』(泉鏡花賞)、編著に『通勤電車でよむ詩集』『おめでとう』『恋愛詩集』など。池澤夏樹個人編集・日本文学全集02巻「百人一首」の現代詩訳と解説を担当した。近著に詩集『野笑 Noemi』、エッセイと小説『幼年 水の町』。最新詩集に『赤牛と質量』。

 


都合により朗読作品などが変更になる場合があります。
終了後、サイン会をおこないます。

 

第94回 声のライブラリー

2018年9月8日(土) 松本徹氏・佐川光晴氏 司会:佐藤洋二郎氏


使用希望写真

 

 

 

 

 

 

2月、5月、9月、11月の第2土曜日に開催します。
毎回2人の文学者が自作をそれぞれ20分程度朗読しその後、司会者も加わって座談会をいたします。
定員80人と小規模な会場のため、間近に肉声を聞くことができ、なごやかで熱気ある会となっております。
会終了後はささやかなサイン会もあります。
なお、会の模様は石橋財団の援助により、ビデオに撮影し、貴重な視聴覚資料として長く保存しております。

第94回 声のライブラリー

朗読 松本徹氏、佐川光晴氏
司会 佐藤洋二郎氏
日時 2018年9月8日(土) 2:00~4:00
会場 日本近代文学館 ホール
定員 80名
受講券 2100円(会員1900円、学生1600円 )

松本徹(作家・評論)

朗読作品

『西行 わが心の行方』鳥影社 2018  より

1933年北海道生まれ。大阪市立大学国語国文学科卒業後、産経新聞に入社。63年に「森鴎外ノート」で第6回群像新人文学賞(評論部門)候補となる。以後、近畿大学教授、武蔵野大学教授を経て、2008年4月から2017年4月まで三島由紀夫文学館館長。現在は「季刊文科」「三島由紀夫研究」の各編集委員を務める。著書に『徳田秋聲』『小栗往還記』『風雅の帝 光厳』、編著に『三島由紀夫事典』などがある。
近著に『西行 わが心の行方』(鳥影社)。

 

佐川光晴(作家)

朗読作品

『生活の設計』新潮社 2001  より

1965年東京都生まれ。茅ヶ崎育ち。北海道大学法学部卒業。出版社を退職後、屠畜場に勤めながら小説を書きはじめる。2000年「生活の設計」で第32回新潮社新人賞受賞。02年、単行本『縮んだ愛』で第24回野間文芸新人賞受賞。10年『おれのおばさん』で第26回坪田譲治文学賞。著書に『銀色の翼』『牛を屠る』『おかえり、Mr.バットマン』『主夫になろうよ!』などがある。
近著に『日の出』(集英社)。


司会 佐藤洋二郎
(作家)

1949年福岡県生まれ。日本大学芸術学部教授。95年『夏至祭』で野間文芸新人賞、99年『岬の蛍』で芸術選奨文部大臣新人賞、2001年『イギリス山』で木山捷平文学賞を受賞。著書に『親鸞 既往は咎めず』『忍土』『一遍上人と遊行の旅』『妻籠め』などがある。当館理事。

 


都合により朗読作品などが変更になる場合があります。
終了後、サイン会をおこないます。