アクセス

声のライブラリー

2023年の声のライブラリー 動画配信開始

日本近代文学館主催「2023年の声のライブラリー」動画配信中

 

日本近代文学館主催「2023年の声のライブラリー」動画配信を2024年3月30日より開始いたします

4名の文学者が、今一番会いたい文学者をそれぞれ招き、自作朗読と対談を行った記録映像
(2023年10月31日・11月1日 無観客にて日本近代文学館講堂にて収録)

日本近代文学館では年4回、文学者の自作朗読会「声のライブラリー」を開催しています。
しかし新型コロナウィルス感染拡大防止のために、すべて中止を余儀なくされました。
そのような状況において、2022年度に引き続いて、日本近代文学館に所縁のある文学者が「いま一番会いたい文学者」を招き、無観客の会場にて朗読・対談を行いました。

今回それらの模様をオンラインで配信するとともに、日本近代文学館の映像資料として収蔵します。

 

出演者

① 近藤ようこ(漫画家)   × 酉島伝法(作家・イラストレーター)

② 川口晴美 (詩人)    × 高原英理(作家)

③ 多和田葉子(作家・詩人) × 高橋睦郎(詩人)

④ 吉村萬壱 (作家)    × 頭木弘樹(文学紹介者)

(各回、それぞれの講師による30分程度の朗読の後、約1時間の対談)

Vimeoにて配信中
https://vimeo.com/ondemand/koenolibrary2023

レンタル視聴料

各回 1,200円(1週間ストリーミング視聴可)
全編 4,000円(3ヶ月ストリーミング視聴可)

 

主催   公益財団法人 日本近代文学館
制作助成 公益財団法人 石橋財団

撮影・編集 東京サウンド・プロダクション

 

↓同時リリース 2022年の声のライブラリー〈世界版〉も配信中

https://www.bungakukan.or.jp/cat-lecture/cat-voices/14662/

2022年の声のライブラリー〈世界版〉動画配信開始

2023年に配信公開をした「2022年の声のライブラリー」の対話箇所に英語字幕を付した〈世界版〉配信開始

 

日本近代文学館主催「2022年の声のライブラリー〈世界版〉」動画配信を2024年3月30日より開始いたします

 

4名の文学者が、今一番会いたい文学者をそれぞれ招き、自作朗読と対談を行った記録映像
(2022年10月20・21日、無観客にて収録)

日本近代文学館では年4回、文学者の自作朗読会「声のライブラリー」を開催しています。
しかし新型コロナウィルス感染拡大防止のために、2020年度の開催はすべて中止を余儀なくされました。
そのような状況において、日本近代文学館に所縁のある文学者が「いま一番会いたい文学者」を招き、無観客の会場にて朗読・対談を行い、それらの模様をオンラインで配信いたしました。
2022年度に引き続き今年度も会の様子を収録し、日本近代文学館の映像資料として収蔵・公開いたします。

 

 

出演者

① 山崎佳代子(詩人)      × 野谷文昭(ラテンアメリカ文学研究者)
② 高橋睦郎(詩人)       × 川本直(作家)
③ 李琴峰(作家・日中翻訳者)  × 桜庭一樹(作家)
④ 星野智幸(作家)       × 木村友祐(作家)

(各回、それぞれの講師による30分程度の朗読の後、約1時間の対談)

Vimeoにて配信中
https://vimeo.com/ondemand/koenolibrary2022en

レンタル視聴料

各回 1,200円(1週間ストリーミング視聴可)
全編 4,000円(3ヶ月ストリーミング視聴可)

 

主催 公益財団法人 日本近代文学館
制作助成 公益財団法人 石橋財団

英語字幕翻訳 Helen O’Horan
(協力:JLPP(現代日本文学の翻訳・普及事業;Japanese Literature Publishing Project))
撮影・編集 東京サウンド・プロダクション

2022年の声のライブラリー 動画配信開始

日本近代文学館主催「2022年の声のライブラリー」動画配信中

日本近代文学館主催「2022年の声のライブラリー」動画配信を2023年3月31日より開始いたします

4名の文学者が、今一番会いたい文学者をそれぞれ招き、自作朗読と対談を行った記録映像
(2022年10月20・21日 無観客にて日本近代文学館講堂にて収録)

日本近代文学館では年4回、文学者の自作朗読会「声のライブラリー」を開催しています。
しかし新型コロナウィルス感染拡大防止のために、2022年度の開催もすべて中止を余儀なくされました。
そのような状況において、2020年度に引き続いて、日本近代文学館に所縁のある文学者が「いま一番会いたい文学者」を招き、無観客の会場にて朗読・対談を行いました。

今回それらの模様をオンラインで配信するとともに、日本近代文学館の映像資料として収蔵します。

 

出演者

① 山崎佳代子(詩人)       × 野谷文昭(ラテンアメリカ文学研究者)
② 高橋睦郎(詩人)        × 川本直(作家)
③ 李琴峰(作家・日中翻訳者)   × 桜庭一樹(作家)
④ 星野智幸(作家)        × 木村友祐(作家)

(各回、それぞれの講師による30分程度の朗読の後、約1時間の対談)

Vimeoにて配信中
https://vimeo.com/ondemand/koenolibrary2022

レンタル視聴料

各回 1,200円(1週間ストリーミング視聴可)
全編 4,000円(3ヶ月ストリーミング視聴可)

 

主催 公益財団法人 日本近代文学館
制作助成 公益財団法人 石橋財団
撮影・編集 東京サウンド・プロダクション

 

↓同時リリース 2021年の声のライブラリー〈世界版〉も配信中

2021年の声のライブラリー〈世界版〉動画配信開始

2021年の声のライブラリー動画配信

日本近代文学館主催「2021年の声のライブラリー」動画配信中

 

 

日本近代文学館主催「2021年の声のライブラリー」動画配信中

4名の文学者が、今一番会いたい文学者をそれぞれ招き、自作朗読と対談を行った記録映像
(2021年11月11・12日、12月8日、日本近代文学館講堂にて無観客にて収録)

日本近代文学館では年4回、文学者の自作朗読会「声のライブラリー」を開催しています。
しかし新型コロナウィルス感染拡大防止のために、2021年度の開催もすべて中止を余儀なくされました。
そのような状況において、2020年度に引き続いて、日本近代文学館に所縁のある文学者が「いま一番会いたい文学者」を招き、無観客の会場にて朗読・対談を行いました。

今回それらの模様をオンラインで配信するとともに、日本近代文学館の映像資料として収蔵します。

 

出演者

① 伊藤比呂美 × 井坂洋子
② 高橋睦郎  × 星野太
③ 佐藤洋二郎 × 藤沢周
④ 小池昌代  × 小川公代

(各回、それぞれの講師による20分程度の朗読の後、約1時間の対談)

Vimeoにて配信中
https://vimeo.com/ondemand/koenolibrary2021

レンタル視聴料

各回 1,200円(1週間ストリーミング視聴可)
全編 4,000円(3ヶ月ストリーミング視聴可)

 

主催 公益財団法人 日本近代文学館
制作助成 公益財団法人 石橋財団
撮影・編集 東京サウンド・プロダクション

2020年の声のライブラリー〈世界版〉動画配信

日本近代文学館主催「2020年の声のライブラリー〈世界版〉」動画配信中

 

 

 

 

 

日本近代文学館主催「2020年の声のライブラリー〈世界版〉」動画配信中

昨年配信公開をした「2020年の声のライブラリー」の対話箇所に英語字幕を付した〈世界版〉を公開いたします。

 

4名の文学者が、今一番会いたい文学者をそれぞれ招き、自作朗読と対談を行った記録映像
(2020年12月3・4日、無観客にて収録)

日本近代文学館では年4回、文学者の自作朗読会「声のライブラリー」を開催しています。
しかし新型コロナウィルス感染拡大防止のために、2020年度の開催はすべて中止を余儀なくされました。
そのような状況において、日本近代文学館に所縁のある文学者が「いま一番会いたい文学者」を招き、無観客の会場にて朗読・対談を行いました。

今回それらの模様をオンラインで配信するとともに、日本近代文学館の映像資料として収蔵します。

 

出演者

① 伊藤比呂美 × 高橋源一郎
② 島田雅彦  × 金原ひとみ
③ 小池昌代  × 山下澄人
④ 古川日出男 × 吉増剛造

(各回、それぞれの講師による20分程度の朗読の後、約1時間の対談)

Vimeoにて配信中
https://vimeo.com/ondemand/koenolibrary2020en

レンタル視聴料

各回 1,200円(1週間ストリーミング視聴可)
全編 4,000円(3ヶ月ストリーミング視聴可)

 

主催 公益財団法人 日本近代文学館
制作助成 公益財団法人 石橋財団
英語字幕翻訳 Helen O’Horan
(協力:JLPP(現代日本文学の翻訳・普及事業;Japanese Literature Publishing Project))
撮影・編集 東京サウンド・プロダクション