夏の文学教室 近代と現代の間―昭和の文学から

7月30日(月)-8月4日(土) 於:有楽町よみうりホール

会場風景

会場風景(有楽町・よみうりホールは1,100 人収容の大きな講演会場です)

第55回 夏の文学教室 〈近代と現代の間―昭和の文学から〉

明治・大正を経て、日本の近代が迎えた昭和という新しい時代。
文学の諸相から、その生きた姿と変遷を見つめます。

会期: 2018年7月30日(月)~8月4日(土)
会場: 有楽町よみうりホール(ビックカメラ7F)
後援: 読売新聞社
協力: 小学館

終了しました。多くの方のご来場ありがとうございました。

プログラム

 

1時間目 13:00~14:00 2時間目 14:10~15:10 3時間目 15:20~16:20
7/30
(月)
荒川洋治
黒島伝治の文学世界
中島京子
#MeTooと『女性に関する十二章』
佐伯一麦
川端康成の魔界──「みづうみ」を中心に
7/31
(火)
島田雅彦
日本というフィクション 三島について
浅田次郎
文学と兵隊 火野葦平をめぐって
伊藤比呂美
名誉詩人としての太宰治
8/1
(水)
中上紀
中上健次『鳳仙花』から『熊野集』の頃
木内昇
司馬遼太郎が描いた近代──坂の上の雲への道
川本三郎
台湾を描いた日本の小説―佐藤春夫から丸谷才一まで
8/2
(木)
宮沢章夫
小説を読む時間──横光利一『機械』を11年かけて読む
堀江敏幸
井伏鱒二の胆力について
高橋源一郎
ヒロヒトと文学
8/3
(金)
林望
中島敦、その文章の力と味わい
磯﨑憲一郎
マジック・リアリズムの先駆としての北杜夫
町田康
理屈の笑い
8/4
(土)
青来有一
語り部の祈り──林京子と原爆文学のメッセージ──
安藤礼二
折口信夫の『死者の書』―昭和の闇と光
池澤夏樹
石牟礼道子という多面体
7/30(月) 1時間目 13:00~14:00

荒川洋治
黒島伝治の文学世界

1949年福井県坂井市生まれ。現代詩作家。71年に刊行した詩集『娼婦論』で小野梓芸術賞を受賞しデビュー。76年『水駅』でH氏賞、98年『渡世』で高見順賞、2000年『空中の茱萸』で読売文学賞、04年『忘れられる過去』で講談社エッセイ賞、05年『心理』で萩原朔太郎賞、06年『文芸時評という感想』で小林秀雄賞、16年『過去をもつ人』で毎日出版文化賞書評賞、17年には詩集『北山十八間戸』で鮎川信夫賞を受賞。詩集出版専門の紫陽社を主宰し、多くの新鋭詩人を世に送り出してもいる。

本年は、小豆島に生れた作家、黒島伝治についてお話しいただく。氏は「文章と構成の素晴らしさ。文学を知ることは、黒島伝治を知ることだ」と書く。

7/30(月) 2時間目 14:10~15:10

中島京子
#MeTooと『女性に関する十二章』

1964年東京都生まれ。作家。東京女子大学文理学部卒業。出版社勤務ののち、フリーライターに。米国滞在を経て、2003年、田山花袋『蒲団』を下敷きにした書き下ろし小説『FUTON』でデビュー。10年『小さいおうち』で直木賞受賞、14年に山田洋次監督により映画化される。14年『妻が椎茸だったころ』で泉鏡花文学賞、15年『かたづの!』で河合隼雄物語賞・歴史時代作家クラブ賞作品賞・柴田錬三郎賞、同年『長いお別れ』で中央公論文芸賞、16年日本医療小説大賞受賞。他、著書に『イトウの恋』『女中譚』『眺望絶佳』『花桃実桃』『のろのろ歩け』『パスティス―大人のアリスと三月兎のお茶会』『彼女に関する十二章』『樽とタタン』『ゴースト』など多数。

7/30(月) 3時間目 15:20~16:20

佐伯一麦
川端康成の魔界──「みづうみ」を中心に

1959年宮城県生まれ。作家。高校卒業後上京し、週刊誌記者、電気工などをへて執筆活動に専念。84年「木を接ぐ」で「海燕」新人文学賞を受賞。90年『ショートサーキット』で野間文芸新人賞、91年『ア・ルース・ボーイ』で三島由紀夫賞、96年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で大仏次郎賞、07年『ノルゲ』で野間文芸賞、13年『還れぬ家』で毎日芸術賞、14年には『渡良瀬』で伊藤整文学賞を受賞する。近著に『空にみずうみ』『麦主義者の小説論』など。

本年のご講演に際して氏は「『みづうみ』『たんぽぽ』に加えて、「掌の小説」についても触れようと思います。以前、吉村昭さんが講演なさった文章を拝読したことを思い出します」とのこと。

7/31(火) 1時間目 13:00~14:00

島田雅彦
日本というフィクション 三島について

1961年東京生まれ、川崎育ち。作家、法政大学教授。東京外国語大学ロシア語科在学中の83年、「優しいサヨクのための嬉遊曲」が雑誌「海燕」の巻頭を飾りデビュー、大きな話題を集めた。84年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、92年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、2006年「退廃姉妹」で伊藤整文学賞、07年『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞、16年『虚人の星』で毎日出版文化賞受賞。著書に『彗星の住人』『美しい魂』『エトロフの恋』の無限カノン三部作や『ニッチを探して』『カタストロフ・マニア』『深読み日本文学』『簡潔で心揺さぶる文章作法 SNS時代の自己表現レッスン』『絶望キャラメル』など多数。2014年より個人の電子書籍レーベルである「masatti」を立ち上げ、作品の電子書籍化に取り組んでいる。

7/31(火) 2時間目 14:10~15:10

浅田次郎
文学と兵隊 火野葦平をめぐって

1951年東京都生まれ。作家。95年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞、97年『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、06年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞、08年『中原の虹』で吉川英治文学賞、10年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞を受賞したほか、15年紫綬褒章受章。16年大佛次郎賞を受賞した『帰郷』で、兵士たちのその後の人生を描いた筆者が語る、火野葦平の「従軍手帖」。

7/31(火) 3時間目 15:20~16:20

伊藤比呂美
名誉詩人としての太宰治

1955年東京生まれ。詩人。青山学院大学文学部卒業。現在、早稲田大学文化構想学部の特任教授就任のため、熊本に在住。78年『草木の空』で現代詩手帖賞、99年『ラニーニャ』で野間文芸新人賞、2006年『河原荒草』で高見順賞、07年『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞、紫式部賞の各賞、15年には早稲田大学坪内逍遥大賞を受賞。仏教や説教節の現代語訳も積極的におこない、すべてを自身の詩へと昇華している。近刊に『ウマし』、石牟礼道子さんとの対談本『新版 死を想う: われらも終には仏なり』がある。

本年は氏が愛してやまない近代文学者のひとり、太宰治を1時間語りつくす。詩人が「名誉詩人」と名づける太宰治とは。

8/1(水) 1時間目 13:00~14:00

中上紀
中上健次 『鳳仙花』から『熊野集』の頃

1971年東京都生まれ。作家。ハワイ大学芸術学部卒業。高校、大学時代を含めた10年間、カリフォルニアとハワイで暮らす。大学で東洋美術を学んだことをきっかけに、アジア各地を旅し、1999年にミャンマーが舞台の紀行文『イラワジの赤い花 ミャンマーの旅』を刊行。同年『彼女のプレンカ』ですばる文学賞受賞。著書に『悪霊』『いつか物語になるまで』『夢の船旅 父中上健次と熊野』『シャーマンが歌う夜』『月花の旅人』『海の宮』『熊野物語』『天狗の回路』など多数。

8/1(水) 2時間目 14:10~15:10

木内昇
司馬遼太郎が描いた近代──坂の上の雲への道

1967年東京生まれ。作家。出版社勤務を経てフリーランスとなり、インタビュー雑誌「Spotting」を主宰する。2004年『新選組幕末の青嵐』で小説家としてデビュー。08年に発表した『茗荷谷の猫』で注目され、翌年に早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞を受賞。11年『漂砂のうたう』で直木賞、14年『櫛挽道守』で中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、親鸞賞を受賞。他の著書に、『笑い三年、泣き三月。』『ある男』『光炎の人』『火影に咲く』などがある。「司馬さんの近代史観と幕末史観は隔たっていて、戦争を経験されただけに近代に関してはやや厳しく描かれる部分もあったと思います」と語る氏が語る、司馬遼太郎が描いた近代。

8/1(水) 3時間目 15:20~16:20

川本三郎
台湾を描いた日本の小説
―佐藤春夫から丸谷才一まで

1944年東京生まれ。東京大学卒業後、ジャーナリストを経て評論家に。文芸・映画・都市・漫画など、著書のテーマは多岐にわたり、トルーマン・カポーティなど米国文学の翻訳も数多く手掛ける。91年『大正幻影』でサントリー学芸賞、97年『荷風と東京「断腸亭日乗」私註』で読売文学賞・評論・伝記賞、2003年『林芙美子の昭和』で毎日出版文化賞・桑原武夫学芸賞受賞。12年には『白秋望景』で伊藤整文学賞(評論部門)など受賞多数。二十三年ぶりの渡航を機に、あらためて魅せられたという台湾を、日本文学から語る。

8/2(木) 1時間目 13:00~14:00

宮沢章夫
小説を読む時間
──横光利一『機械』を11年かけて読む

1956年静岡県生まれ。劇作家、演出家、作家、早稲田大学文学学術院教授。1980年代半ば、竹中直人、いとうせいこうらとともに、「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を開始。その作演出をすべて手掛ける。90年、演劇ユニット「遊園地再生事業団」を結成。93年戯曲『ヒネミ』で岸田國士戯曲賞、2010年『時間のかかる読書』で伊藤整文学賞受賞。著書に『牛への道』『わからなくなってきました』『ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット第三集』『長くなるのでまたにする。』『東京大学「80年代地下文化論」講義 決定版』『笛を吹く人がいる  素晴らしきテクの世界』など多数。

8/2(木) 2時間目 14:10~15:10

堀江敏幸
井伏鱒二の胆力について

1964年岐阜県生まれ。作家、仏文学者、早稲田大学文学学術院教授。
2001年「熊の敷石」で芥川賞、06年『河岸忘日抄』で読売文学賞・小説賞、16年『その姿の消し方』で野間文芸賞など受賞多数。主著に『郊外へ』『おぱらばん』『雪沼とその周辺』『正弦曲線』『なずな』『燃焼のための習作』『余りの風』『音の糸』『坂を見あげて』、翻訳にロベール・ドアノー『不完全なレンズで』、マルグリット・ユルスナール『なにが?永遠が 世界の迷路Ⅲ』などがある。今年生誕120年を迎えた井伏鱒二の、特異な魅力に迫る。

8/2(木) 3時間目 15:20~16:20

高橋源一郎
ヒロヒトと文学

1951年尾道生まれ。作家、明治学院大学教授。灘中・灘高を経て横浜国立大学に進むも、学生運動に参加し除籍退学。肉体労働に従事。81年『さようなら、ギャングたち』が群像新人長編小説優秀作となりデビュー。88年『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、2002年『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、12年『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞。著書に『ニッポンの小説―百年の孤独』『恋する原発』『国民のコトバ』『101年目の孤独—希望の場所を求めて』『動物記』など多数ある。「新潮」2018年4月号より、小説「ヒロヒト」を連載中。

8/3(金) 1時間目 13:00~14:00

林望
中島敦、その文章の力と味わい

1949年東京都生まれ。作家・国文学者。慶應義塾大学大学院博士課程満期退学。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。1991年『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞、92年『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流奨励賞、93年『林望のイギリス観察辞典』で講談社エッセイ賞、2013年『謹訳 源氏物語』全10巻で毎日出版文化賞特別賞受賞。近刊書に『旅ゆけば味わい深し』『すらすら読める風姿花伝』『大根の底ぢから!』『役に立たない読書』などがあるほか、古典論、小説、詩、能楽、料理等の著作多数。

8/3(金) 2時間目 14:10~15:10

磯﨑憲一郎
マジック・リアリズムの先駆としての北杜夫

1965年千葉県生まれ。作家、東京工業大学教授。早稲田大学商学部卒業。2007年に「肝心の子供」で文藝賞、09年に「終の住処」で芥川賞、11年には『赤の他人の瓜二つ』で東急文化村ドゥマゴ文学賞、13年『往古来今』で泉鏡花文学賞を受賞。著書に『眼と太陽』『世紀の発見』『電車道』『鳥獣戯画』『アトリエ会議』(横尾忠則、保坂和志との共著)がある。

「どくとるマンボウ」シリーズなどのユーモア・エッセイで名高い北杜夫だが、今回は特にその小説に光を当て、「マジック・リアリズムの先駆」という新たな視点で語る。

8/3(金) 3時間目 15:20~16:20

町田康
理屈の笑い

1962年大阪府生まれ。ミュージシャン、作家。高校在学中から町田町蔵名で歌手活動を始め、81年パンクバンド「INU」でレコードデビュー。82年『爆裂都市BURST CITY』(石井聰亙監督)に出演するなど、俳優としても活躍。1996年に「くっすん大黒」で作家デビューし、同作は翌97年ドゥマゴ文学賞・野間文芸新人賞を受賞した。2000年には「きれぎれ」で芥川賞、01年詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、02年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、05年『告白』で谷崎潤一郎賞、08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。

町田康が語る、内田百間の魅力とは。

8/4(土) 1時間目 13:00~14:00

青来有一
語り部の祈り
──林京子と原爆文学のメッセージ──

1958年長崎県長崎市生まれ。作家、長崎原爆資料館館長。長崎大学教育学部卒業。95年「ジェロニモの十字架」で文學界新人賞、01年「聖水」で芥川賞、07年『爆心』で伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞を受賞。長崎で生まれ育ち、潜伏キリシタンの殉教や原子爆弾という土地の記憶をたどりながら、今も長崎で作品を書き続けている。他の著書に『人間のしわざ』『夢の栓』『悲しみと無のあいだ』などがある。

「経験のないものが、原子爆弾のことを書くうしろめたさ」を語ったとき、「自由に書いていいのですよ、小説は自由です」という林京子さんの励ましは、作家としての転機となった。被爆者の苦悩を書き続け、フクシマの原発事故に直面しながらも、人間への希望を失わなかった林京子文学の「祈り」と未来へのメッセージを探る。

8/4(土) 2時間目 14:10~15:10

安藤礼二
折口信夫の『死者の書』―昭和の闇と光

1967年東京都生まれ。文芸評論家、多摩美術大学教授、同学芸術人類学研究所所員、東京大学客員教授。早稲田大学第一文学部卒業。2006年『神々の闘争 折口信夫論』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、09年『光の曼陀羅 日本文学論』で大江健三郎賞、伊藤整文学賞、15年『折口信夫』で角川財団学芸賞、サントリー学芸賞受賞。他の著書に『霊獣―「死者の書」完結篇』『場所と産霊 近代日本思想史』『たそがれの国』『祝祭の書物 表現のゼロをめぐって』など、編著に『折口信夫文芸論集』『折口信夫天皇論集』『折口信夫対話集』などがある。

8/4(土) 3時間目 15:20~16:20

池澤夏樹
石牟礼道子という多面体

1945年北海道生まれ。作家、詩人。ギリシャ、沖縄、フランスで暮らし、現在は札幌在住。88年「スティル・ライフ」で芥川賞、93年『母なる自然のおっぱい』で読売文学賞随筆・紀行賞、同年『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、94年『楽しい終末』で伊藤整文学賞、04年『静かな大地』で親鸞賞など受賞多数。また03年には著作活動全般について司馬遼太郎賞、10年『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』全30巻の編纂で毎日出版文化賞、11年に朝日賞を受賞。現在、『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』全30巻を刊行中。

石牟礼道子さんの「文学には構造がない。…作品は書かれつつあるその先端からつぎつぎに生まれる。枝の先に花が咲き実が生(な)るように生成される」と書く氏が、世界文学の視点から語る「石牟礼道子という多面体」。

講師名クリックでプロフィールがご覧いただけます。

 

受 講 料

全期間券 前売 9,300円《当日 10,000円》
※6日間通しの受講券です
各日券 前売1,900円《当日 2,000円》

会員割引もあります。詳しくは下記をご覧下さい。

 

申 込 方 法

1.文学館に直接お申込の場合は、館内正面受付での販売の他、下記の2つの方法があります。

  • 現金書留(受講券代金)
  • 郵便振替(受講券代金)ご連絡いただければ指定の郵便振替用紙をお送りします。
    ※郵便振替用紙は郵便局にもあります。
    口座番号:00140-0-47730
    口座名:公益財団法人 日本近代文学館

氏名・住所・電話番号、全期間券/各日券の別(各日券の場合は御希望の日にち)及び枚数を忘れずにご記入ください。

※チケット送料は文学館が負担致します。

 【郵便振替用紙・チラシご希望のかたは下記メールフォームより「夏の文学教室係」までご連絡下さい】

 

2.下記の書店・百貨店等でも受講券を販売しています。

オリオン書房ノルテ店 TEL 042-522-1231
紀伊國屋書店新宿本店 (5F キノチケットカウンター)TEL 03-3354-0141
紀伊國屋書店横浜店 (横浜そごう7F)TEL 045-450-5901
三省堂書店神保町本店 TEL 03-3233-3312
ジュンク堂書店吉祥寺店 (コピス吉祥寺B館 6~7F)TEL 0422-28-5333
東武友の会 (東武百貨店 池袋店6F10番地)TEL 03-3981-2211
八重洲ブックセンター本店 TEL 03-3281-1811
ちけっとぽーと (総合案内)TEL 03-5561-7714
渋谷109店(2F)
銀座店(銀座ファイブ1F)
大丸東京店(11F)
新宿店(伊勢丹会館B1F)
池袋PARCO店 (6F)
吉祥寺店(アトレ吉祥寺東館B1F)
大宮ソニックシティ店(1F)
横浜店(横浜駅東口地下街ポルタ内)
チケットぴあ Pコード 全期間券 991-724  各日券 639-199
ローソンチケット Lコード 34730

 

【期間中ブックフェア開催】
東京・八重洲ブックセンター本店と、神田神保町・東京堂書店、銀座・蔦屋書店の3店舗にて、タイアップブックフェアを開催!
出講講師の著作本と、講演にまつわる書籍を書店にてお求めいただけます。
八重洲ブックセンターHPはこちら
東京堂書店HPは こちら
銀座 蔦屋書店HPはこちら

 

【会員割引での受講料】

■全期間券…前売8,300円
※6日間通しの受講券です
■各日券…前売1,700円

※会員とは当館の「維持会」・ 「文学館友の会(旧・館の会)」会員の方をさします。

※会員割引は当館に直接お申込の場合にのみ有効です。

 

夏の文学教室・資料請求フォーム

資料請求の流れ ・注意事項

  • 資料請求は以下のフォームより必要な情報を入力して下さい。
  • 送信をクリックするとお申込内容がご記入のe-mailアドレス宛に送信されます。
  • 資料請求受付後、資料を郵送致します。(申請後4、5日経っても到着しない場合は必ずご連絡下さい。)
必須氏名
必須住所

郵便番号

住所

必須メールアドレス
必須確認用メールアドレス
その他メッセージ

個人情報の取り扱いについて

当館は、個人情報保護方針の重要性を強く認識し、個人情報の保護に関する法律、その他関係法令・ガイドラインを遵守して、個人情報を大切に取り扱います。

個人情報の取り扱いについて、詳しくは下記のページをご覧ください。

個人情報保護方針

上記内容をご確認頂き、よろしければチェックを入れて送信ボタンを押してください。

※送信後確認画面は表示されません。