アクセス

お知らせ

ニュース

「文学館演習」申込み締切

2017.06.13

2017年8月22日(火)~26日(土)開催の「文学館演習」は定員40名に達したため申込みを締め切りました。お申込み、お問い合わせいただいた皆様、ありがとうございました。

2017年夏の文学教室プログラムをアップしました

2017.05.16

2017年7月31日(月)から8月5日(土)の6日間、夏の文学教室を開催いたします。
今年のテーマは…
大正という時間―文学から読む
十五年という短い時間でありながら、様々に社会が転換していった大正期に、文学はいかに書かれたか。
そこに生きた作家、生まれた作品を通して考えます。

6月上旬よりチケット販売予定です。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

夏の文学教室プログラム

館報277号刊行しました

2017.05.12

2017年5月15日、館報第277号を刊行しました。目次より…

 【随想】 母と共に生きるということ……橋口幸子氏

 【蔵書の中から】 貴重書とは何か?……鈴木道彦氏

 【展覧会を見て】 谷崎潤一郎の新資料展……坂井セシル氏

 【展覧会紹介】 川端康成が見出した作家たち

 【文学館年誌12号】 資料・人・研究―半世紀の蓄積を拓く……宗像和重氏

 【目録 増補版刊行に寄せて】 〝進化〟する「太宰治文庫」……安藤宏氏

 【文庫・記念館】 国立ハンセン病資料館……大髙俊一郎氏

 【資料でたどる文学館の歩み】 1967年、日本近代文学館開館一年目―。  

 【未発表資料紹介】 佐佐木信綱宛書簡(差出人は川合玉堂)

1部100円。年間購読(年6回発行ごとにお届け、送料込1100円)も随時受付中です。

お申込みお電話 03-3468-4181

バックナンバー販売中です。当サイト内の総目次もご利用ください。(館報「日本近代文学館」総目次

館報277号(2017年5月号)

館報277号(2017年5月号)

 

 館報277号(2017年5月号)1面(PDF)

『太宰治文庫目録 増補版』刊行

2017.04.20

2017年4月20日、『太宰治文庫目録 増補版』を刊行しました。

『太宰治文庫目録』は1992年に刊行後長らく絶版でしたが、このほど92年版の内容に加え、その後数回にわたりご遺族から寄贈いただいた草稿断片などや、当館が所蔵する太宰治資料を総合的におさめ、増補版として一冊にまとめました。

 太宰治文庫目録増補版

日本近代文学館所蔵資料目録第33集『太宰治文庫目録 増補版』

A5判、36ページ、640円(税込)。

地方発送も承ります。お電話ください。03-3468-4181

2017年度「文学館演習」受講者募集中

2017.04.18

8月22日(火)~26日(土)の「文学館演習」、一般受講者(博物館実習としない方)のお申し込みを受け付けています。
大学学部生・大学院生のほか、社会人の方のご参加もお待ちしております。
募集要項や講義概要はこちら

年誌12号刊行しました

2017.03.21

2017年3月、年誌12号を刊行いたしました。


文学館の所蔵資料紹介の機会を増やすため、「日本近代文学館年誌―資料探索」という紀要を年に一冊刊行しております。
文学者の書下ろしエッセイ、館蔵資料を用いた論考、未発表資料の翻刻と解説を収録。お申し込みは文学館まで(一般1020円/会員860円)。
バックナンバーもあります。「文学館年誌―資料探索」ページ

館報276号刊行しました

2017.03.15

2017年3月15日、館報第276号を刊行しました。目次より…

 【随想】 安岡章太郎展の一隅……酒井忠康氏

 【蔵書の中から】 サイン本……角田光代氏

 【春の企画展「新資料から見る谷崎潤一郎」】
   谷崎潤一郎展について……紅野謙介氏

   この一点 松の木影……千葉俊二氏

 【3.11文学館からのメッセージ展】 この頃思うこと……伊藤悠子氏

 【文庫・記念館】 放浪の俳人追憶 井上井月顕彰会について……北村皆雄氏

 【資料でたどる開館までの歳月】 1967年4月13日、日本近代文学館開館―。  

 【未発表資料紹介】 佐佐木信綱宛書簡(差出人は金子薫園、狩野亨吉、上司小剣、川合玉堂)

1部100円。年間購読(年6回発行ごとにお届け、送料込1100円)も随時受付中です。お申込みお電話03-3468-4181

バックナンバー販売中です。当サイト内の総目次もご利用ください。(館報「日本近代文学館」総目次

受け入れ報告

宮田智昭氏旧蔵書登録

2017.04.28

同氏(-2009)旧蔵の個人詩集など22冊を登録しました。

主なものとして、
後藤一夫『二つの歌 : 童謡集』(詩火社、昭和27年2月 限定100部)、
谷崎眞澄『人間の血の美しさのために : 谷崎眞澄詩集』(純粹詩派社、昭和30年1月)、
萩野卓司『晩夏 : 詩集』(詩と詩人社、昭和27年8月)など。

豊島与志雄著書登録

2017.01.11

小説家・翻訳家の豊島与志雄(1890-1955)の著書など126冊を登録しました。

主な著書として、
『或る男の手記 : 外二篇』(新潮社、大正13年9月)、
『長彦と丸彦 : ローマ字童話』(國立書院、昭和22年4月)、
『野の小鳥』(桜井書店、昭和24年12月)など。

竹内道之助著訳書登録

2017.01.11

三笠書房創立者で翻訳家としても知られる竹内道之助(1902-1981)の著訳書など25冊を登録しました。

主な訳書として、
アンドレ・ジイド『ドストイエフスキイ研究』(三笠書房、昭和8年9月)、
アンドレ・ジッド『狭き門』(成瀬書房、昭和51年12月 特装版)など。

丸谷才一コレクション追加登録

2017.01.11

丸谷才一(1925-2012)宛諸家署名本194冊(うち正本40冊)を登録しました。

主なものとして、
中村真一郎『長い回復期』(青娥書房、昭和51年11月)、
野口富士男『流星抄』(作品社、昭和54年10月)、
野坂昭如 『火垂るの墓』(成瀬書房、昭和53年6月 限定200部)など。

「講談雑誌」ほか欠号補充

2016.06.09

次の雑誌を欠号補充しました。

 

「講談雑誌」 5巻13号(大正8.12) 桃川如燕、昇竜齋貞丈、入船亭扇橋、三遊亭小圓朝、三遊亭金馬 ほか

「自治機関 公民之友」 1巻7号(明治36.7) 広津柳浪、 坪谷水哉 ほか

「中学世界」 23巻3号 (大正9.2) 受験準備増刊号 

「邦楽座グラヒック」 2巻1号(昭和3.1) 飯島正、筈見恒夫 、南部圭之助ほか

 

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

閲覧室の利用についてはこちらをご覧ください。

「覇王樹」創刊号ほか欠号補充

2016.06.02

次の雑誌を欠号補充しました。

 

「科学知識」 1巻2号(大正10.9)~5号(大正10.12) 海老名一雄、片山孤村、建部遯吾 ほか

「にひはり」 1巻 (明治44.6) 秉燭會発行

「覇王樹」 1巻1号(大正8.8) 小宮豊隆、日夏耿之介、福田正夫、片山廣子 ほか

 

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

閲覧室の利用についてはこちらをご覧ください。

「俳味」ほか雑誌欠号補充

2016.05.26

次の雑誌を欠号補充しました。

 

「くらしの泉」 29号(昭和42.11) 開高健、牧洋子、十返千鶴子ほか

「新聞研究」 7号(昭和24.7) 特集・世論調査と新聞

「俳味」 1巻7号 (明治43.9) 夏目漱石、松根東洋城、内藤鳴雪ほか 


 

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

閲覧室の利用についてはこちらをご覧ください。

「Азъ」(あず)ほか雑誌欠号補充

2016.04.21

次の雑誌を欠号補充しました。

 

研究同人誌「Азъ」(あず) 創刊号(1988.7)~2号(昭和39.5) ロシア&スラヴ言語文化研究

「劫」(カルパ) 創刊号(昭和50.5)~3号(昭和51.11) 小野田襄二編集発行 

「中一時代」 12巻2号 (昭42.5) 連載小説・柳川創造、中沢昭二、光瀬龍、筒井康隆 

「水甕東京」 8巻3号(1975.9) 加藤将之・副島民雄追悼号

早大学生誌「ワセダ」 4号(1966.11) 尾崎一雄「早稲田の文学的伝統 私の文学」、村松卓「重油の夏」、森本穫「蒼茫」ほか

 

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

閲覧室の利用についてはこちらをご覧ください。

「宇宙塵」ほか雑誌欠号補充

2016.04.14

次の雑誌を欠号補充しました。

 

SF同人誌「宇宙塵」 79号(昭和39.5) 草川隆「灰色の基点」、筒井康隆「幻想の未来」ほか

「情況」 79号(昭和50.3) 特集「春闘構造の止揚にむけて」 

「駿台派」 特集号(昭和33.6) 現代作家・作品研究 

「人間専科」 2巻6号(昭和35.6) 武者小路実篤「或る男の思い出」、中川童二「川面を渡る風」、吉村俊子「小説・芥川龍之介」、田村泰次郎「虫」ほか

 

いずれも登録配架済みです。閲覧・複写が可能です。

各雑誌の所蔵状況は所蔵検索にてご確認下さい。

閲覧室の利用についてはこちらをご覧ください。

矢島道弘収集無頼文学コレクション登録

2016.04.02

無頼文学の研究で知られる矢島道弘氏(1937-2005)収集の図書548冊を登録しました。
田中英光・織田作之助・坂口安吾・太宰治著書など。

主なものとして、
田中英光『愛の手紙:小説』(青葉書房、昭和21年7月)、
    『愛と靑春と生活』(富國出版社、昭和22年3月)、
太宰治 『愛と美について:小説集』(竹村書房、昭和14年5月)など。

また、矢島氏の主な著編書として、
『太宰治:法衣の俗人』(明治書院、平成6年11月)、
『彷徨する酒呑童子:風論・田中英光』(三弥井書店、平成13年11月)、
『坂口安吾研究講座』1~3(久保田芳太郎共編、三弥井書店、昭和59年7月~昭和62年12月)など。