展示室再開のお知らせ

2020.09.15

10月3日(土)より展示室再開

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、日本近代文学館では3月28日(土)より閉室としておりましたが、6月30日(火)の閲覧室再開に続き、10月3日(土)展示室を再開致します。

閲覧室・展示室ご利用者の皆さまは、以下の各項目につきまして、予めご確認の上ご来館ください。ご迷惑とご不便をおかけいたしますが、感染予防、拡散防止にご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 なお、今後、感染拡大がみられ、緊急事態宣言が出されたり、それに準ずる状況になった場合は、再び閉室いたします。その場合は速やかに、ホームページでお知らせいたします。

1、利用者の皆様へ、来館にあたってのお願い

・相互に1m以上の距離が確保できるよう、閲覧室の座席数を4分の1(14席)に減らし、同時利用者数を最大14名としております。また展示室については同時観覧者数を最大20名としております。混雑している場合は入室をお待ちいただく場合がございます。

・以下の方については入館をお断り致します。

  1. 利用当日に37.5度以上の発熱のある方
  2. 過去14日以内に発熱や風邪、息苦しさや強いだるさ、味覚障害などの症状のある方
  3. 過去14日以内に海外への渡航歴のある方
  4. 身近に感染者もしくは感染の可能性のある方がいらっしゃる方

・マスクを着用されていない方の入館はお断り致します。

・入室前及び退室後には、石鹸による手洗い/アルコール消毒液等による手指消毒の徹底をお願い致します。

・咳エチケットの徹底をお願い致します。

・入室中は他の利用者の方と1m以上の距離を確保するようお願い致します。

・ゼミ等、団体でのご来館はお控えください。なお当面のあいだ団体見学対応、館内ツアー、展示解説を休止致します。

【展示観覧の方】
入室前に検温を実施しております。体温が37.5度以上の方の入室はご遠慮いただきます。

【閲覧室利用の方】
体調不良の有無、氏名及び連絡先の確認のため、入室前にチェックシートをご記入いただきます。ご記入いただいた情報は、館内で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、必要に応じて保健所等の医療機関へ提供することがあります。

チェックシートは以下からダウンロードし、事前にご記入いただけます。

チェックシート.pdf

郵送複写サービスもご利用いただけます。当ホームページのメールフォームからお申し込みください。

 

2、閲覧室で利用できるサービスについて

・閲覧室内での資料の閲覧、複写申し込みが可能です。

・閲覧室の座席を従来の四分の一に縮小しております。

・原稿、書簡等の特別資料の閲覧は先着予約制となっております。複数人でお越しの場合は1組2名までとさせていただきます。ご利用予定日の1週間前までに当館「利用係」までお電話にてお申し込みください。

・資料検索のための個人PCの持ち込みを推奨しております(館内にWi-Fi環境はございません)。

・成田分館は引き続き閉室致しますが、資料のお取り寄せが可能です。お取り寄せには2週間ほどお時間をいただきます。

 

3、展示室のご利用について

・展示室内の入室人数制限を行っております。規定の人数(20名)を超えた場合は入室をお待ちいただく場合がございます。

・展示室内での会話はお控えください。

・展示ケースや壁面、備品などにはお手を触れないようお願い致します。

 

4、当館における感染予防のための取り組み

・職員は出勤前に体温測定を行い、マスク着用を徹底致します。

・館内利用者用に手指消毒のための消毒液を設置致します。

・館内の消毒清掃を徹底致します。

・飛沫感染防止として、受付、閲覧室カウンター窓口へアクリル板を設置致します。

・閲覧室の窓を開放し、室内換気を行います。

・密集を避けるため、閲覧席数を削減、展示室への入場制限を致します。