文学館を知りたい方へ―利用案内講座


2018年 春期:4月21日、5月4日

ikoupic

書庫見学の様子

日本の近代文学・現代文学をこれから本格的に学ぼうという学部学生・大学院生のみなさんに
「日本近代文学館」を知っていただくための新しいガイド。
資料の宝庫である「日本近代文学館」で実際に生の資料に接していただくとともに、
当館の利用法についてもご紹介します。
午後のひととき、「文学館」を実際に体験し、文学の喜びをかみしめてください。
一般の方々の参加も歓迎いたします。

第1回 2018年4月21日(土)13時~15時 終了しました

第2回 2018年5月 4日(金・祝)13時~15時 終了しました

場所 日本近代文学館

内容

・日本近代文学館とは?(当館の歴史と活動の紹介、利用方法のアドバイス)
・書庫内の見学(通常は職員しか入れない書庫を見学します)
・春季特別展 生誕135年 志賀直哉―「ナイルの水の一滴」の見学
中島国彦氏(早稲田大学名誉教授)によるミニレクチャー
(普段はなかなか見られない原稿類、貴重な雑誌や作家の旧蔵書などを用いて、
ミニレクチャーを行います。)

参加費

500円(展示室・閲覧室の入館料を含む)
※維持会・友の会会員の方は無料。

最新の館報「日本近代文学館」とオリジナル絵はがき各1部、無料閲覧券1回分(来年3月末まで有効)を差し上げます。なお、当日は午後4時30分まで、図書・雑誌などの資料の閲覧、展示の見学など、館を自由に利用できます。

定員

各回30名(団体でのお申込みは別途お受けいたします)

申込方法

お申し込みは、お申し込みフォーム、またはファックスで下記の①~⑥をご記入の上、
タイトルを「文学館へ行こう!」として、お申し込みください。

①氏名  ②住所  ③電話番号  ④所属(大学・学部・専攻など)  ⑤人数 ⑥希望日

FAX番号 03-3468-4185

 

→お申し込みフォームへ

 

定員に達しない場合、当日受付けもいたします。お問い合わせください。